日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【中国について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


2004/07/29 産経新聞朝刊
【主張】中国軍事訓練 威嚇目的の演習は中止を
 
 中国は近く、台湾海峡に面する福建省東山島で、十万人規模の陸海空三軍合同演習を開始する。陳水扁政権に軍事的圧力を加え、「台湾独立」を阻止、「祖国統一」を強要する狙いだ。このような政治目的の軍事威嚇に対し、重大な懸念を抱かざるを得ない。
 今回の演習計画は、早くから観測されていたが、今月初めの中国公式紙「中国青年報」は、中国外務省当局が「七月開始」を確認したと伝えた。中国軍の東山島演習は一九九六年以来八回目で、過去最大の二〇〇一年の演習を上回る規模になるとみられる。
 台湾海峡での演習は、九六年春の台湾総統選前、李登輝氏当選を妨害する目的で開始して以来、一貫して「独立」派への威嚇が目的だった。中国青年報によると、今年は、従来の「独立の予防」、つまり威嚇宣伝ではなく、台湾が独立を宣言、戦争に突入した場合の作戦能力を高める狙いという。
 同紙によると、演習は(1)情報戦(2)台湾上陸作戦(3)台湾支援軍への反撃−の三段階から成り、(3)では米太平洋艦隊の介入を想定、これを戦闘機、ミサイル、原潜など陸海空の最新鋭兵器で撃滅する訓練を行う。その重点は制空権と制海権の確保にあるという。
 台湾上陸を想定した実戦演習は、中国の期待に反し再選された陳水扁総統が、〇八年までに新憲法を制定、独立の是非を含め台湾の将来を住民投票で決めると「公約」していることへの中国側の危機感を反映している。中国は「独立すれば戦争」と公言、それを演習で示そうとしているわけだ。
 仮に台湾が独立し中国が戦争を仕掛けた場合、中国は国際社会の猛反発を受け、そのダメージは経済面だけにとどまらないことは中国自身が熟知している。従って今回の演習も、威嚇のレベルアップとみてよい。
 軍事威嚇によって台湾住民の意思を変える試みは、九六年以来、ことごとく失敗してきた。にもかかわらず、なお威嚇を続けるのは、江沢民中央軍事委員会主席率いる軍部の発言力と予算拡大のためとの見方もある。
 これに対し、台湾側も防衛力強化に努めており、台湾海峡は今後、緊張が高まる危険性がある。中国の「平和的統一」主張に逆行する威嚇目的の軍事演習は中止すべきである。
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
63位
(28,998成果物中)

成果物アクセス数
155,923

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年8月19日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【ダム建設について】
3.私はこう考える【死刑廃止について】
4.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
5.私はこう考える【天皇制について】
6.私はこう考える【国連について】
7.私はこう考える【自衛隊について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から