日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【中国について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


2001/10/23 読売新聞朝刊
[社説]対中ODA 規模と中身の抜本見直しは当然
 
 実施額削減を目指す対中援助の抜本改革がやっと動き出す。
 政府が、中国向け政府開発援助(ODA)のこれからの具体的な在り方を示す「中国経済協力計画」を決めた。
 日中首脳会談で、小泉首相も、江沢民国家主席にこの方針を伝えた。
 最近の中国の経済発展、軍事力の増強や、日本の経済・財政事情の厳しさなどから考えて、抜本改革は当然だ。
 援助額の大幅削減も含め、計画で示した方針を、今年度の援助実施、さらに来年度の予算編成に反映すべきである。
 対中援助を始めて二十年余り、九九年度までの援助総額は約二兆七千億円に上った。国別援助額も、九九年度まで五年間の合計で第一位を占めている。
 政府はこれまで、援助の意義を、中国の安定成長、国際社会への参加推進と、相互理解に基づく日中関係の強化をもたらし、日本の安全と繁栄に寄与すると説明してきた。しかし、相互理解ひとつ取っても、一般の中国人は日本からの巨額の援助を知らないのが現実だ。
 しかも、中国はここ十年、急成長を続け、沿海地域は繁栄を謳歌(おうか)する一方、軍事力の拡大を加速し、第三国への経済援助も強化している。このため、日本国内に援助の削減や抜本見直しを求める声が強まっている。
 こうした状況を踏まえて、協力計画では、今後の対中ODAを、中国が自力では実施困難な分野に対する側面支援を基本に、重点を沿海部のインフラ整備から環境対策や内陸部の民生向上、人材育成などに移し、援助額を減らす。
 円借款は今年度から、数年度分の供与額を一括決定する方式を、年度ごとに決める方式に改める。さらに、無償資金協力、技術協力を含めて、中国側の希望案件を個別審査で厳しく選別する。
 このような対中援助の改革の方向は妥当だ。問題は、毎年度の援助に、いかに具体的かつ適切に反映していくかだ。
 援助案件の事前、事後の厳格なチェックも重要だ。計画では、民間の第三者による評価委員会の設置などを盛り込んだが、体裁を整えるだけなら要らない。
 軍事力強化の問題もある。中国の核兵器をはじめ軍備増強のペースは一段と加速しており、東アジアばかりか世界の軍事的な不安要因になる恐れがある。
 計画は、軍事力強化に結び付けないよう、中国側の認識を深めることに最大限努力する、としているが、不十分だ。
 日本政府は二国間援助協議をはじめ機会あるごとに、援助の中断も辞さない、という毅然としたメッセージを中国側に伝え、自制を強く促す必要がある。
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。

「読売新聞社の著作物について」








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
60位
(28,647成果物中)

成果物アクセス数
155,403

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年3月25日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【ダム建設について】
3.私はこう考える【死刑廃止について】
4.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
5.私はこう考える【天皇制について】
6.私はこう考える【国連について】
7.私はこう考える【自衛隊について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から