日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 歴史 > 日本史 > 成果物情報

「北前船とその時代」展 図録

 事業名 海と船の企画展
 団体名 中国海事広報協会  


港湾施設
 多くの船が入港しやすいように、鞆の津には港湾施設が整えられた。また、鞆全体の町並みも古絵図のままの町割りを残し、美しい景観を保っている。こうした鞆の港湾施設や町並みは、印象よく鞆へ入港してもらうための「大看板」でもあった。
 
現代の鞆港
(医王寺より) 往時のおもかげを今も色濃く残している。
 
明治時代の鞆の津
(医王寺より) 写真原本は宮内庁書陵部蔵
 
燈籠塔(常夜燈)
 
安政6年(1859)
 鞆港の中心部に位置し、夜は灯台となり、昼間も大きな目標物となった。また、鞆の守護神のモニュメントでもあり、鞆港のシンボルとなっている。
 基礎石からの高さは約10mで、江戸時代の石造の常夜燈では、国内最大級である。かつ、優美な造りでもある。
 この他、雁木、波止、焚場、船番所といった港湾施設がセットで現存するのは、ここ鞆だけと思われる。
 
雁木(がんき)
 干満の差の激しい鞆の津では、いつでも船が着けれるように石段状の雁木が造られた。
 江戸時代後期に造られ、補修延長が一部されている。常夜燈と雁木が一体となり、風情豊かな、「鞆チック」な港町の景観をつくっている。
 
常夜燈、雁木、浜蔵
 
雁木
 鳥の雁がのように群で飛んでいるのに似ていることから、雁木と名付けられたという。







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
297位
(32,679成果物中)

成果物アクセス数
36,900

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年11月28日

関連する他の成果物

1.「阿部正弘と日米和親条約」展 図録
2.企画展「平戸藩主 松浦家と海展」チラシ
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から