日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【教育問題について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


1986/10/22 読売新聞朝刊
[教室は変わるか・12年ぶりの授業改革](2)選択学習(連載)
 
◆読書に人気が集中◆
 長編推理小説を書き上げた中学一年生。太陽熱を利用した風船作りに挑戦したグループ。英語で一日の日課表を作った女生徒もいる。
 生徒千七百五十六人、四十一学級のマンモス校、茨城県水戸市立二中。「自主的な学習を通して、基礎学力の一層の定着を図る」ことを目的に、七年前から週一時間、「マイ・タイム」という独自のカリキュラムを持っている。
 学習指導要領にとらわれず、国、社、数、理、英の五科目から、生徒が自由にコースとテーマを選ぶ。先週、後期のコース分けが終わったが、一年生では、前期に四教室あった英語が二教室に減り、かわって国語が四から七教室に膨らんだ。
 なかでも、読書に人気が集中している。「一年の前期は、マンガを読んで感想文を書く生徒もいたが、後期になると、芥川竜之介や夏目漱石を系統的に読む子が増えてくる」と担任の国語の先生は、確かな手ごたえを話す。
 二年生を対象に、「マイ・タイム」のアンケート調査をしたところ、八割を超える生徒が「楽しく活動できた」と答えた。逆の答えはゼロ。
 生徒の多様なニーズにこたえる選択学習が、いかに教育効果を上げているか。二年前に実験的に選択学習を実施した東京都内のある公立中学校で、全国標準学力テストによる実施前と実施後の比較をしたデータがある。全国平均を一〇〇として、英語は実施前の一〇二から一〇五へ。数学は一〇二から一〇四に伸びた。
 中学校で選択教科の幅を広げようとする教育課程審議会の狙いは二つある。一つは、「個性化・多様化教育」の実現だ。「学校側による選択ではない。あくまでも生徒が選び、能力や興味に応じて学習するのが理想」と文部省幹部は解説する。
 だが、そのためには、生徒の希望に応じられるだけの教師陣と設備が必要となる。
 現在の指導要領では、中学三年生で週一時間、音楽、美術、保健体育、技術・家庭から希望に応じて選択できることになっている。この四教科をすべてそろえている中学校が五〇%を超しているのは東京、静岡、岐阜の三都県だけ。わずか一時間を持て余している現実。「多様化」への道のりは険しい。
 
◆不満強い英語削減◆
 もう一つは、従来の週四時間を三時間に削減した英語の授業時間を元へ戻すことだ。
 埼玉県朝霞市立三中。五十六年に英語三時間体制がスタートすると、教師の間から、時間増を求める要求が出た。運動の先頭に立った中島晴代先生によると「この年の一学期、新一年生の中間テストで、英語の平均点が七十点と、例年を十点近く下回った」。
 翌年から、五十分授業を四十五分に短縮し、浮いた時間で英語を一時間増やした。文部省の指導に反するとして、この四月から元の木阿弥(もくあみ)となったものの、受験に必須(ひっす)の英語削減に対して、どの中学校でも不満が渦巻いている。
 「個性化」「多様化」という教育の理念を追いながら、一方で、受験シフトに組み込まれた現実があった。
 審議会が示した選択の時間の中で、学校側に裁量がゆだねられているのは、中学三年の週四時間。「どの中学校でも、これを受験科目に集中させるだろう。ハードルを前にした子供に、現場が手を貸すのは当然」と、ある中学教師は断言する。
 なかでも、多くの高校で入試科目からはずされている音楽、美術などは、「週二時間確保」の要望がまたも削減の憂き目にあいそうで、教師の落胆は大きい。
 再び、水戸二中。「マイ・タイム」は一、二年生まで。学校側では「三年生は入試の準備に追われますから」。
 受験シフトを放置したままでは、理想教育もほど遠い。

 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。

「読売新聞社の著作物について」








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
11位
(28,844成果物中)

成果物アクセス数
494,237

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年5月20日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
6.私はこう考える【天皇制について】
7.私はこう考える【国連について】
8.私はこう考える【自衛隊について】
9.私はこう考える【憲法改正について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から