日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【教育問題について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


1997/01/13 毎日新聞朝刊
[新教育の森]教育に関する毎日新聞社「全国世論調査」/1 前文
 
◇「転換期」強く認識−−制度の柔軟化求める
 中学・高校教育の連携を強めてほしい。大学は入りやすく、出にくいように改めるべきだ――。毎日新聞社が実施した「教育問題」全国世論調査では、大多数が教育改革が必要と訴え、制度の柔軟化を求める流れを示した。戦後学制の根幹である6・3・3・4制の基本型は維持しながら、その運用や接続をもっと弾力化させ、活力を持たせる考え方といえるだろう。
 今年は戦後学制が発足してちょうど50年。125年前の明治学制発布、敗戦後の学制改革に続き、「第3の改革」の時期と位置付けられている。
 この半世紀の日本の教育は、普及度と均質化という面で成果を示し、経済成長を支える基盤を形成したことは否定できない。しかしそれがまた逆に個性伸長を阻害し、制度そのものも硬直して、入試で振り分けながら単線・トコロテン式に人間を送り出す「金太郎あめ教育」の限界を露呈することにもなった。
 100%近い高校進学率や3人に1人が4年制大学に進むなど高学歴志向の一般化。受験競争の低年齢化と少子化。知育偏重から脱しきれない入試制度。歯止めのないいじめ、不登校増加……。現在、政府や中央教育審議会などが進めている改革論議の背景には、こうした現象に対する「先詰まり」感や危機感がある。
 今回の世論調査でも、今教育システムの転換期にあるという認識が強くにじんでいる。意見の分かれ方や世代別の受け止め方の違いなども含め、これからの論議に示唆を与える貴重な資料となりそうだ。【教育取材班】


 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
11位
(28,901成果物中)

成果物アクセス数
494,473

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年6月10日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
6.私はこう考える【天皇制について】
7.私はこう考える【国連について】
8.私はこう考える【自衛隊について】
9.私はこう考える【憲法改正について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から