日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【教育問題について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


1989/04/08 毎日新聞朝刊
厳しい校則、教師の「生徒不信」で改まらず――日教組の意識調査
 
 今の校則は細かく規定しすぎ、教師、生徒とも窮屈と感じているが、教師が生徒の自主性を信じられないので改められない−−日教組の国民教育研究所(伊ケ崎暁生所長)が七日まとめた中学、高校の生徒・教師の意識調査でこんな結果がでた。校則に違反した場合の罰についても「生徒が反発するだけ」「教師、生徒相互の不信感を招く」と否定的な考えが強い。しかし、一方では教師の六割が体罰を「指導方法のひとつ」と思っており、教育現場が抱える“不信”と“ゆがみ”が浮き彫りになった。
 調査は千葉、石川、三重、広島、大分の五県の中学校全学年、高校一、二年生計六千七百八十五人と中学・高校の教師二千九百三十九人を対象に実施。
 校則を「細かすぎ、窮屈に感じる」と答えた生徒は中学生七二・三%、高校生七六・〇%。校則を守らせるのに「教師の定期的点検」が高校で七割、中学で五割以上、「教師が朝礼やホームルームで注意」が中学、高校とも七割前後ある。「違反した場合、罰を与える」のが中学で四割、高校でほぼ半数。
 こうした校則を中学、高校生とも六割前後が「かなり厳しい」「いくらか厳しい」と答えており、厳しさは大都市の生徒規模が大きい学校の生徒ほど感じている。
 中学、高校生とも半数以上が「いじめ・暴力の否定」を守るべき、などと校則の必要性を認めているが、中学生の三人に二人が「頭髪」、二人に一人が「服装」を、また高校生の半数が「頭髪」「服装」「アルバイト」を自由にして欲しいと求めている。「罰」の効果は「厳しくなるだけ生徒の反発が強くなる」(中学生六九・四%、高校生七八・七%)、「生徒のやる気をなくさせる」(同五六・一%、五八・七%)で、「悪い行動をなくすのに効き目がある」(同一〇・八%、一一・六%)の肯定派を大きく上回った。
 半数以上の教師も現行の校則は「相互の不信感」、「ぎくしゃくした関係」を反映していると思っている。しかし、実際には「服装」などを強く指導。校則が細分化する要因として中学、高校の教師とも半数以上が「家庭の教育力の低下」「生徒の自治・自律能力の低下」をあげ、細かなものではなく、大綱的にしたいが、できないというジレンマを感じている。
 しかし、「体罰」については、複数回答で七割以上が「教育的効果は期待できない」「生徒との信頼関係を損なう」「生徒の心を傷つける」と考え、否定している。だが同時に六割の教師が「指導方法のひとつ」と回答、学校から体罰がなくならない状況を示した。


 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
11位
(28,694成果物中)

成果物アクセス数
493,952

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年4月22日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
6.私はこう考える【天皇制について】
7.私はこう考える【国連について】
8.私はこう考える【自衛隊について】
9.私はこう考える【憲法改正について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から