日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

離島における廃棄物等の処理・輸送に関する調査報告書

 事業名 離島における廃棄物等の処理・輸送に関する調査
 団体名 九州運輸振興センター  


1.5.3 廃家電・使用済み自動車を対象とした輸送コスト削減方法の検討
 離島における不法投棄が懸念されている循環資源として、廃家電、使用済み自動車があげられる。本土と比べて離島の排出者の負担が大きいため、不法投棄が増えるという意見が多い。ここでは、廃家電、使用済み自動車の輸送コスト削減方法を検討する。
 
(1)廃家電
1)現状
 現状の輸送コストは、対馬、上五島、下五島では、本土よりも高くなっている。
 壱岐では、本土に近いこともあるが、以下のような工夫により、輸送コストを削減している。
・行政、家電商、収集業者による、より安価に収集運搬できる仕組み作り。
・家電商が収集業者へ廃家電を持ち込み(ほとんど持ち込み、一部有料での引き取り有り)
・収集保管場所を必要としない、頻度の高い(週に一回)一括島外搬出。
・定期フェリーの利用料金が安くなる時間帯の選択。
 
2)提案内容
 対馬、上五島、下五島と壱岐の輸送経路の違いは、輸送経路が複数あることである。
 各離島とも、5,000台から9,000台程度の廃家電排出台数が見込めることから、なるべく集中的に輸送し、輸送効率を上げることによりコスト削減を図ることを提案する。
 
(1)定期的な島外輸送日の設定
 定期的な島外輸送日を設定し、その日に合わせて廃家電の収集(持ち込み、引き取り)を行う。頻度は、1週間に1回、半月に1回など、廃家電の排出量に合わせ、新たな集積ヤードを整備しなくてもすむように決める。
 
(2)1船での一括輸送
 島外搬出日には、1隻の船舶で島外搬出を行う。複数の船社が営業している場合は、各船社の回り持ちにして輸送する。
 なお、今回は、各島から満載に近い状態で出港することを想定している。
 
3)効果
 廃家電を集中的に取り扱うことにより、荷役効率の向上、輸送効率の向上が見込め、輸送コスト低減につながると考えられる。
 
<参考>
 各島から排出される廃家電を、1カ所に集積し、ある程度まとまったところで、チャーター船で輸送した場合の輸送料を試算した。
○各島からの廃家電排出台数
 「6. 今後の廃棄物物流の動向」で示した廃家電排出台数を用いて、輸送コストを試算する。
 
表−1.5.8 廃家電の排出台数(推計値)
(単位:円)
  対馬 壱岐 上五島 下五島 合計
テレビ 3,100 2,500 2,000 3,600 11,200
冷蔵庫 1,400 1,000 1,000 1,900 5,300
洗濯機 1,600 1,100 1,100 2,100 5,900
エアコン 1,000 700 700 1,300 3,700
合計 7,100 5,300 4,800 8,900 26,100
参考資料: 経済産業省 九州経済産業局、国土交通省 九州地方整備局「循環型社会の円滑な物流確保に資する交通体系整備方策調査 報告書」(平成13年3月)
 
○輸送ルート
 指定引取場所のうち、港湾の直背後にあり、A・B両グループの指定引取場所となっている、北九州の指定引取場所へ海上輸送することにした。
・対馬:厳原港 → 北九州港
・壱岐:郷ノ浦港 → 北九州港
・上五島:有川港 → 北九州港
・下五島:福江港 → 北九州港
 
 注:製造業者はリサイクルを効率的に進めるために、A・Bの2グループに分かれて事業を進めている。Aグループは松下電器産業、東芝等、Bグループはシャープ、日立製作所等で構成されている。『指定引取場所』も、グループごとに分かれており、例えばAグループ製造業者のテレビは、Bグループの引取場所では扱えない。
 
○輸送条件の設定
 輸送は800t型台船(35m×15m)を使用し、荷姿は20ftコンテナとする。1台の台船には36TEUを乗せ、1TEUにつき60台の廃家電を積み込めるものとした。また、傭船期間は3日(往路1日、荷役1日、復路1日)と想定した。(エコマテリアル海上輸送研究会資料を参考に設定)
・1TEU=60台換算
・1台の台船に乗せられるコンテナ数:36TEU
・1台の台船に乗せられる廃家電台数:2,160台
(輸送会社への問い合わせより設定)
 各島の廃家電の年間輸送回数は、対馬が4回、壱岐が3回、上五島が3回、下五島が5回となる。
 
表−1.5.9 年間輸送回数
  対馬 壱岐 上五島 下五島
年間輸送回数 4 3 3 5
 
○収集運搬料金の試算
 廃家電1台当たりの輸送料は、以下の通りである。
 対馬、上五島、下五島については、現在の収集運搬料金に比べ、4割程度の低減が見込まれる。
 
表−1.5.10 廃家電収集運搬料金の比較
(単位:円)
地域 収集運搬料金試算結果 現在の収集運搬料金
単純平均値 テレビ エアコン 冷蔵庫 洗濯機
対馬 2,000 3,588 3,200 3,500 4,350 3,300
壱岐 1,800 1,628 945 1,470 2,520 1,575
上五島 1,900 3,308 2,520 2,835 4,725 3,150
下五島 1,900 3,203 2,520 2,835 4,410 3,045
注: 収集運搬料金試算結果は、廃家電の品目に関係なく、単純平均値として算出。
 
 
表−1.5.11 1輸送あたりの輸送料推計
(単位:円)
積地  厳原港 郷ノ浦港 有川港 福江港
揚地  北九州港 北九州港 北九州港 北九州港
積地諸掛 バン詰め作業   80,000 80,000 80,000 80,000
リフト費用   30,000 30,000 30,000 30,000
クレーン傭車   150,000 150,000 150,000 150,000
作業員   120,000 120,000 120,000 120,000
荷捌き地使用料   120,000 120,000 120,000 120,000
合計   500,000 500,000 500,000 500,000
海上諸掛 海上運航費 傭船料 1,460,000 1,210,000 1,360,000 1,410,000
港費 50,000 50,000 50,000 50,000
揚地諸掛他 揚地諸掛 クレーン傭車 100,000 100,000 100,000 100,000
リフト傭車 50,000 50,000 50,000 50,000
作業員 75,000 75,000 75,000 75,000
荷捌地使用料 360,000 360,000 360,000 360,000
横持諸掛 リフト費用 200,000 200,000 200,000 200,000
人件費 100,000 100,000 100,000 100,000
償却費 コンテナ費用 631,233 631,233 631,233 631,233
荷役用具費 50,411 50,411 50,411 50,411
合計   3,076,644 2,826,644 2,976,644 3,026,644
総合計   3,576,644 3,326,644 3,476,644 3,526,644
一般管理費   357,664 332,664 347,664 352,664
適正利潤   207,069 192,595 201,279 204,174
総費用   4,141,377 3,851,904 4,025,588 4,083,483
1TEUあたりの輸送料 115,038 106,997 111,822 113,430
1台あたりの輸送料 1,917 1,783 1,864 1,891
注:収集運搬業者への問い合わせにより作成。
 
○課題
 この方法については、廃家電約2,100台をストックする広大な集積ヤードが必要となり、用地の確保が問題となる。
 
(2)使用済み自動車
1)現状
 使用済み自動車の本土までの輸送は、定期航路を使用している場合が多い。また、チャーター船を使用する場合は、スケールメリットがでるように、1隻分の貨物量を確保してから輸送している。各島から本土への使用済み自動車輸送料は、7,000円から20,000円程度となっている。
 
表−1.5.12 対象離島から本土への使用済み自動車輸送料
地域 本土への輸送料
対馬 8,000円〜15,000円
壱岐 7,000円〜15,000円
上五島 20,000円前後
下五島 15,000円〜20,000円
注1: 自動車整備業者、自動車販売業者、中古車販売業者への問い合わせにより作成。
注2: 輸送料だけでなく、処理料が含まれている場合もある。
 
2)提案内容
 使用済み自動車については、各離島とも輸送経路が複数ある。各離島とも、年間1,000台前後の使用済み自動車の排出台数が見込めることから、なるべく集中的に輸送し、輸送効率を上げることによりコスト低減を図ることを提案する。
 
(1)定期的な島外輸送日の設定
 定期的な島外輸送日を設定し、その日に合わせて使用済み自動車の収集を行う。頻度は、1週間に1回、半月に1回など、使用済み自動車の排出量に合わせ、新たな集積ヤードを整備しなくてもすむように決める。
 
(2)1船での一括輸送
 島外搬出日には、1隻の船舶で島外搬出を行う。複数の船社が営業している場合は、各船社の回り持ちにして輸送する。
 なお、今回は、各島から満載に近い状態で出港することを想定している。
 
(3)島内での中間処理
 現在、上五島で中間処理(プレス)が行われており、下五島でもシュレッダー化が行われようとしている。中間処理をすることにより、輸送効率が高まることから、可能な限り島内で中間処理を行う。
 
3)効果
 使用済み自動車を集中的に取り扱うこと、島内で中間処理を行うことにより、荷役効率の向上、輸送効率の向上が見込め、輸送コスト低減につながる。







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
569位
(34,720成果物中)

成果物アクセス数
19,833

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年7月2日

関連する他の成果物

1.関東・東海地区集合訓練 チラシ
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から