日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

TC8の戦略対応に関する基礎調査報告書

 事業名 ISO/TC8幹事国業務
 団体名 日本船舶標準協会 注目度注目度5


提案予定国際規格の調査・分析結果
項目タイトル IMO規則又は議題
船舶からの大気汚染防止(NOx関係)
「船上でのNOxモニタリング及び記録装置に関するガイドライン」
IMO−LINK−No.
又は審議報告
ISO/TC8提案規格名等 審議番号又は
担当分科会
TC8/SC3
IMO規則内容
又は審議事項
船舶からの大気汚染物質の排出については、1997年にIMOにおいて採択されたMARPOL条約付属書VIにて規制されている、MEPC48では11カ国が批准のための国内作業を進めているとの報告があり、2003年6月頃に発効要件をみたすのではないかとの発言があった(発効要件を満たしてから1年後に発効)。一方、船舶からの窒素酸化物(NOx)テクノカルコードに関するフォローアップが現在IMOにて審議されている。DE45では、「船上でのNOxモニタリング及び記録装置に関するガイドライン」の作成がはじめられ、同ガイドライン作成上必要事項が抽出された。日本は、日本が実施している「NOxモニタリング実船試験」の結果概要をInformation Paperとして提出しており(DE46/INF.5)、それをもとに、船上モニタリングで得られた情報提供に努める。また、船上モニタリングに関して、テストサイクル、許容差の規定について日本案を主張していく。
ISO規格内容
又は提案事項
IMOにおける「船上でのNOxモニタリング及び記録装置に関するガイドライン」はその審議が始まり。また現在、技術的な裏付けとしての実船試験が日本で行われている。日本の主な主張は、(1)NOxのセンサーとしてジルコニアを使用する。(2)船上でのNOxモニタリングを行う場合、従来の15%の許容さでは不十分である。(DE46/3/1)などであるが、これらDE46で審議される過程で、国際的合意事項になり得るか明白ではない。
「船上でのNOxモニタリング及び記録装置に関するガイドライン」に関する国際基準の作成は、現状では時期尚早であろう。
関連資料 DE46/3:Guidelines for on-board NOx monitoring and recording devices Report of Corresponding Group by US
DE46/3/1:Verification criteria for NOx emission limits on-board
DE46/INF.5:Field and on-board study on NOx measurement and monitoring
関連国際規格として提案すべき項目と恩恵:

その他の意見:

備考:








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
341位
(31,521成果物中)

成果物アクセス数
30,162

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月19日

関連する他の成果物

1.ビジネスプラン
2.ISO/TC8 News letter (第6号)
3.ISO/TC8 News letter (第7号)
4.ISO/TC8第21回本会議報告書
5.「新世紀の海へ 新しいエコパワー スーパーマリンガスタービン」パンフレット(詳細版)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から