日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?A −職場のストレスとメンタルヘルスを考える−

 事業名 カウンセリング・マインド養成研修マニュアルの作成
 団体名 公務研修協議会 注目度注目度5


13 職場不適応への対応のまとめ

 

職場不適応とは何か、またそれにどう対応したらいいのかということについて説明してきましたが、やや冗長になった面もあるかと思いますので、もう一度整理してまとめておきます。

職場不適応という言葉そのものはそう難しく考える必要はありません。

原因や現れ(症状)が何であれ、通常の業務がきちんとできず支障をきたす状態のことと考えればいいわけですから、職場の中だけの様子ばかりでなく、よく休む、遅刻や早退が多いなどということもその中に入ります。無断欠勤はもちろんですが、いわゆる届出欠勤、したがって1〜2日を繰り返しほとんど仕事ができていなかったという例もありました。結局、同僚に迷惑がかかるということになります。このような時、全く本人が悩んではいないわけではなく、自分でもどうしていいの分からない、周囲に迷惑をかけていることを自覚している場合と、そういう自覚に乏しい時とがあります。

職場不適応の元になるものに、数の上では多くはありませんが、狭義の精神疾患の発症のことがあります。しかし、多いのはやはりこれまで述べてきたストレスを含む業務起因によるもの、家族的、個人的な悩みなどによるストレス性障害と考えてもいいでしょう。精神疾患等の発症の要因についてはすでに説明しましたので繰り返しませんし、また精神疾患等の症状について個々の疾患について説明するのが目的ではありませんのでここではそれも省略します。一部は今までの説明のところを参考にしてください。

広い意味での職場不適応といえるものの中には、何か身体的な問題があってという場合もあるかもしれませんが、それは放置してもいいとか、カウンセリング・マインドとは関係ないというわけではありませんが対応の仕方が違うと思いますし、より身体的なものの治療に重点を置くべきですからここでの問題とは少し対応が異なるので特には取り上げません。

職場不適応の状態というのは、本人や家族にとっても困るかもしれませんが、何といっても職場への影響や仕事を進める上での支障をきたすことになります。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
344位
(31,386成果物中)

成果物アクセス数
29,621

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年7月20日

関連する他の成果物

1.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?@ −カウンセリング・マインドの育て方−
2.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?B −事例でみるメンタルヘルスへの対応−
3.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?C −セクシュアル・ハラスメントへの対応と研修マインド−
4.平成12年 将来あるべき人事管理を考えるための基礎調査
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から