日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?A −職場のストレスとメンタルヘルスを考える−

 事業名 カウンセリング・マインド養成研修マニュアルの作成
 団体名 公務研修協議会 注目度注目度5


そこで、何よりもそういう状態にならないように予防することがもっとも大切なことですが、狭義の精神疾患といわれる群では、環境要因が主たる要因とは考えにくいので、どう周囲が配慮しても適切な予防策をとるというのは困難なことが多いわけです。一方、ストレスが関係しているものや心因性とされる群では、職場のストレス対策を含めたメンタルヘルスヘの取り組みが充実していれば、ある程度は防ぐことができます。具体的にはどうするかは既に述べたことを見てください。また第3巻「6 精神疾患と労働災害」のところも参考になるかもしれません。ただ、そうはいっても、やはり本人の素因−性格の問題も本人自身の心構えの問題もありますのでどうしたからといって100%防げるものでもないのは当然ともいえます。

そこで次に考えなければいけないことは早くその兆しや現れを発見して対策を考えるということになります。ある程度、不調の様子や不適応の状態がはっきりしてくれば、周囲の者は気が付きます。これも最初のうち本人が何となく不調を感じていても口に出さなかったり遠慮していわない時や、普段の状況では周囲が見過ごすということも、いくらでもあることです。前に述べた、周囲から見てどういう点に注意するかということなどを参考にしてみていただくしかないのですが周囲の人たちにしても余りそういう目でみるのはと考えてしまったりしますので、口でいう程簡単でないことも事実ではあります。

正常かそうでないかの判断は世間の常識で判断するというようなこともいいましたが、実際にあった極端な例ですが、某職場の三十才前後の女子職員が、一、二の同僚の男性職員から好意を持たれていると他の同僚に打ち明け、そういうこともあるかと聞き流していたら、実は全くそういう事実はなく、妄想だったということがありました。これは後になって、もっとはっきりした精神分裂病症状が出現して入院したのですが、はじめは全く分からなかったといいます。余談ですが、これは恋愛妄想といって、自分が他人の男性から愛されているという思い込みを持つことです。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
344位
(31,444成果物中)

成果物アクセス数
29,651

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年8月24日

関連する他の成果物

1.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?@ −カウンセリング・マインドの育て方−
2.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?B −事例でみるメンタルヘルスへの対応−
3.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?C −セクシュアル・ハラスメントへの対応と研修マインド−
4.平成12年 将来あるべき人事管理を考えるための基礎調査
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から