日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?A −職場のストレスとメンタルヘルスを考える−

 事業名 カウンセリング・マインド養成研修マニュアルの作成
 団体名 公務研修協議会 注目度注目度5


結局は本人のためを思ってということですし、そういう情報がないと、再発防止のための取り組みといってもなかなか難しくなってくることが考えられます。

主治医に電話一本で状態を話して欲しいなどというのは論外ですが、健康管理医を通して本人への対応の仕方を教えてもらうというのも一つの方法でしょう。

当たり前のことですが、本人のためにと思っての対応のはずですが、実際には早く通常の業務に戻ってもらわないと、職場としても困るし、いつごろをめどにしたらいいのかということを知りたいというのも正直なところあるでしょうし、それがいけないともいえませんので、前に述べたことの繰り返しになるかもしれませんが、なかなかメンタルヘルスの建前だけでは解決できないことが多いのが現状だともいえます。

復帰後も通院治療が必要とされる場合のことですが、特に狭義の精神疾患群では、再発の一番大きな要因は治療の中断、単純にいえば服薬をやめることだといわれています。本人の認識、自覚が一番大事なことは当然で、むしろそれ以外の心の病気の方が、きちんと通院するということもよくいわれていることです。

実際にきちんと薬を飲むようにというところまでは職場として介入することはできませんが、一つには本人がどのように通院するかという問題が出てきます。通常の病院などの診療の時間帯というのを考えれば分かることですが、大抵は本人の勤務時間内にかかってしまうわけです。

通院しなければいけないことは分かっていても、何となく遠慮したり、気が引ける思いがしてというのがよくあります。難しいのは、少なくとも時間的には正常勤務に復した職員を勤務時間内に病院へ行くことを認めるかどうかという判断になります。病気休暇等の制度がないところでは、半日年休を取ってというのは合理的のようですが、度重なると、年休のかなりを使ってしまうということで抵抗を感じるかもしれません。といって個人の問題ですから、職場としてもいいですよともいえないところがあるでしょう。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
349位
(31,818成果物中)

成果物アクセス数
29,904

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年3月21日

関連する他の成果物

1.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?@ −カウンセリング・マインドの育て方−
2.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?B −事例でみるメンタルヘルスへの対応−
3.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?C −セクシュアル・ハラスメントへの対応と研修マインド−
4.平成12年 将来あるべき人事管理を考えるための基礎調査
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から