日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?A −職場のストレスとメンタルヘルスを考える−

 事業名 カウンセリング・マインド養成研修マニュアルの作成
 団体名 公務研修協議会 注目度注目度5


一方でなお、精神的な負担が続いていると考えられる時は、引き続き医師の診療やカウンセラーによるカウンセリングも続けていくことが必要になります。

 

(5) 再発予防対策

問題は、狭い意味の精神疾患などで、前のその人に比べて、仕事上の能力が低下しているのではないかと判断される場合、この時は、職務上の配慮もさることながら、再発の危険性も少なくないものです。また、躁うつ病(ICD10では気分障害)の場合は能力の低下は目立たなくても、再発の恐れは少なくないとされています。

 

再発予防対策

通院の便宜をはかる

職場と主治医との緊密な連絡

職務上の配慮

(いずれも余り目立たないように)

不調のきざしを早く発見する

先入観を持たないこと

家族との連絡

仕事の上であせらないようにさせる

劣等感を持たせないように気を付ける

 

そこで、再発の危険性の大きい小さいは別として、職務復帰後も医師の診療が必要とされている時には、いくつかの問題があります。職場あるいは上司としては、本人の医学的な状況も把握しておきたい。その必要があるのですが、それには診療を担当している主治医との緊密な連絡をということになります。一方で医師としては本人のプライバシーにかかわる問題ですから、周囲から問い合わせがあったからといって、そう安易に何もかも話してくれるとはいえません。これは守秘義務のことになるのですが、それでは状況が素人としてはとらえにくいということにもなります。本人としても余りそのことに立ち入られたくないと思う場合もあるでしょう。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
344位
(31,373成果物中)

成果物アクセス数
29,617

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年7月13日

関連する他の成果物

1.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?@ −カウンセリング・マインドの育て方−
2.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?B −事例でみるメンタルヘルスへの対応−
3.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?C −セクシュアル・ハラスメントへの対応と研修マインド−
4.平成12年 将来あるべき人事管理を考えるための基礎調査
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から