日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?A −職場のストレスとメンタルヘルスを考える−

 事業名 カウンセリング・マインド養成研修マニュアルの作成
 団体名 公務研修協議会 注目度注目度5


ここでは、大部分の職場不適応〜ストレス障害では、まず休養が大切だということを強調しておくにとどめます。

 

(5) 職場での対応方法

実は、職場の中での広い意味での精神疾患等の大部分は、いわゆる精神病ではないのですが、数の多い少ないは別として、狭義の精神病がみられます。代表的なものとしては、精神分裂病とか躁病といわれるものですが、何度も繰り返すように、悪性の精神病だとか、治らない病気などというわけでは決してありません。ここで、このような病気の症状などを説明するのが主旨ではありませんので省略しますが、やはり困るのは自分の状態についての自覚がないことです。

「集中ができない」、「落ち着きがなくて、仕事にミスが多い」などと指摘されるとかえって怒ってしまう。よく被害妄想などという言葉が出てきますが妄想というのは、事実でないことを本人が事実だと確信をもっていることですから、例えば、「自分は上司から疎まれているのではないだろうか」と気にしているというのは妄想ではありません。「自分は上司から憎まれている」、「上司は自分を追い出そうとしている」と本人が信じ込んでいればこれは妄想ということになります。このような場合、どう本人に説明しても全く耳を貸さないということになります。念のため妄想というのは、精神分裂病にだけ現れる症状ではありません。このような時、休養させて冶療のレールに乗せることは、もちろん本人のためではありますが、実際にはこのような職員がいると職場としてはそれに振り回されて仕事に支障が出る。本音を言えば、はた迷惑であるということになりますから、休養を取らせるのは、職場全体のためでもあるということになってきます。しかし、勧めても本人は、医師に診てもらうとか、休むということを承知しないことが多いのです。

結局、上司、職場としては、健康管理医や精神科専門医に相談せざるを得ないということになります。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
345位
(31,488成果物中)

成果物アクセス数
29,668

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月21日

関連する他の成果物

1.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?@ −カウンセリング・マインドの育て方−
2.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?B −事例でみるメンタルヘルスへの対応−
3.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?C −セクシュアル・ハラスメントへの対応と研修マインド−
4.平成12年 将来あるべき人事管理を考えるための基礎調査
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から