日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?A −職場のストレスとメンタルヘルスを考える−

 事業名 カウンセリング・マインド養成研修マニュアルの作成
 団体名 公務研修協議会 注目度注目度5


(4) 職場不適応の背景とは

背景にあるものとして、いわゆる精神疾患、特に内因性あるいは狭義の精神病に入るものの場合は、上司の対応のみとかカウンセリング・マインドだけでは、どうにもならないことの方が多いのではないかというのは何となく分かると思います。もっともその中の一部、うつ病などは、発症が環境要因よりも素因に基づくとしても、本人に自覚のある場合もありますが、精神分裂病のような病気の場合には、本人が病気であることを全く認めようとしないことがままあり得るからです。

そのことはともかく、特に環境要因などからくるストレス性のものについては、第一の対応は休養を取ることです。精神科的な治療(主として服薬)やカウンセリングも、もちろん大切なことがありますが、ゆっくり休養を取るだけで回復したという事例もよくみられます。しかしここにも問題がないことはありません。入院を必要とするほどの重大な状況ならともかく、職場の事情で、ゆっくり休ませることがなかなか難しいとか、本人も休みたいと思う反面、休みにくい、あるいは性格的に几帳面な人やうつ病の人は休むことに抵抗を感じるということもあります。三次介入のところで出てきますが、休んで家にいても周囲の目が気になり、おちおち休んでいられないということもあり得ます。そうなると、これは単にカウンセリング・マインドとか上司の本人を思っての対応だけでは、どうにもならないことで、職場全体としての取り組みとしかいいようがありません。休まないまでも、極めて超過勤務が多くて、疲弊状態あるいは軽いうつ状態などに陥っていて相談を受けた人に、「それは薬などではどうにもならないのだから、思い切って仕事を減らすしかない」と勧めても、「職場の事情でそういうわけにはいかないのです」とか、「前任者も同じようにやってきているので、自分だけやらないわけにはいかないのです」という答えが返ってくれば、はっきりいって相談された方もお手上げということになってしまいます。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
343位
(31,092成果物中)

成果物アクセス数
29,578

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年5月18日

関連する他の成果物

1.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?@ −カウンセリング・マインドの育て方−
2.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?B −事例でみるメンタルヘルスへの対応−
3.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?C −セクシュアル・ハラスメントへの対応と研修マインド−
4.平成12年 将来あるべき人事管理を考えるための基礎調査
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から