日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?A −職場のストレスとメンタルヘルスを考える−

 事業名 カウンセリング・マインド養成研修マニュアルの作成
 団体名 公務研修協議会 注目度注目度5


これはあとの三次介入のところとも関係してきます。

 

(3) 職場不適応にどう対処するか

ただ、職場不適応ひいては精神疾患等を早く見つけて、早く治療のレールに乗せることは、本人自身のために大事なことは当然ですが、職場としては、そういう状態に陥った本人が気の毒であることは別として、仕事を円滑に進めていくためには、早く職場から離れて治療に専念してもらうことが望ましいともいえます。冷たいいい方のように聞こえるかもしれませんが、結果的には、職場にとっても本人にとってもそれがよかったということになる場合が多いように思います。

精神科医の立場からいうと、仕事を続けながら、十分に治療もできれば、それに越したことはありませんし、それがベストなのかもしれません。職場の理解と援助の元で、仕事を続けながら治療も行う、また仕事をしていることが、治療上有効だという例もないことはありません。本人が仕事を休むことになかなか同意しないという場合もあります。いずれにしてもこのような事情の時には、職場としてはかなりの犠牲を払うことになりかねません。これは、病気で休んだあとの職場復帰のところでも問題になることがありますので、三次介入のところも参考にしてください。

私の考えでは、やはり休養を含めて治療に専念した方がいい結果が出るような気がしています。もっとも本人がどうしても仕事を休みたくないというので、医師の方もつい本人のいうままに休ませないで、後で後悔することも経験上はあったことです。この辺の判断は、本人のためにも職場のためにも極めて重要なことで、経験のある産業医、精神科医などが慎重に判断し、本人や家族によく話をして納得してもらうことが大切です。なお、客観的にみればどうしても仕事を続けることが無理であるのに、本人、場合によっては家族が納得しない場合もありますが、次のところでふれます。

そこで改めて、職場不適応にどう対処するかということをいろいろな面を含めて表示しました。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
343位
(31,092成果物中)

成果物アクセス数
29,578

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年5月18日

関連する他の成果物

1.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?@ −カウンセリング・マインドの育て方−
2.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?B −事例でみるメンタルヘルスへの対応−
3.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?C −セクシュアル・ハラスメントへの対応と研修マインド−
4.平成12年 将来あるべき人事管理を考えるための基礎調査
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から