日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?A −職場のストレスとメンタルヘルスを考える−

 事業名 カウンセリング・マインド養成研修マニュアルの作成
 団体名 公務研修協議会 注目度注目度5


あくまでも特定の疾病を見つけるということではないので、ここに示したことのいくつかに気付かれれば、だれにでも精神的不調にあることの発見はできるということになります。蛇足になりますが、口数の少なかった人が急におしゃべりになったり、お節介になったとか、その逆であるとか、非常に几帳面だった人が急にだらしなくなってきたなどということでしょう。

もっとより精神疾患的な発見のチェックリストというのもありますが、かえって混乱を招く元にもなりかねないので、あえて示さないことにします。

ここで、もう一つの問題としては、職場内では周囲から「どうもこのごろ様子が…」と気付かれていて、それとなく家族に聞いても、「家では全く変わったことはありません」という返事が返ってくることがよくあります。対応については家族の協力が必要ですが、このところが壁となってしまうことがあります。本当に気が付いていないのか、ある程度は分かっていても、家族としてははっきり認めたくないのか、いろいろな状況が考えられます。

逆にこれは余り多くはありませんが、家族の方から上司などに「うちの誰々はこのごろ仕事をちゃんとやっているでしょうか」などと問い合わせがあり、そういわれてみればなどということもあるかもしれません。実際には、これはまれなのですが、広くは職場の問題と考えられなくはないとしても、より家庭内の問題、例えば、家で怒りっぽいとか、暴力的になるとか、酒を飲んで荒れるとか、夜よく眠れていないようだとか、それが、家庭内でのトラブルや職場と直接関係のないストレスによることもあるでしょうし、職場のストレスが家へ帰ってから表面化することもあり得ますので、やはり職場内では何もないからと無視できないことだと考えます。

よく、どんな病気でも早期発見、早期治療がその病気の予後をよくするといいます。一般的にはそうですし、職場不適応についても、ある程度はそうもいえます。しかし、実際には残念ながら全てがそうだともいえません。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
345位
(31,472成果物中)

成果物アクセス数
29,666

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月14日

関連する他の成果物

1.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?@ −カウンセリング・マインドの育て方−
2.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?B −事例でみるメンタルヘルスへの対応−
3.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?C −セクシュアル・ハラスメントへの対応と研修マインド−
4.平成12年 将来あるべき人事管理を考えるための基礎調査
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から