日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?A −職場のストレスとメンタルヘルスを考える−

 事業名 カウンセリング・マインド養成研修マニュアルの作成
 団体名 公務研修協議会 注目度注目度5


職場不適応にどう対処するか

いつそのことについて本人と話し合うか

背景因子の把握

休養をとらせる、またどうやってとらせるか

健康管理医、専門医にいつ、どのように相談するか

 

健康管理医、産業医、専門医の立場で

神経症群なのか、狭義の精神疾患なのか

いずれともいえない不適応状態なのか

 

健康管理者として

職場の立場、本人の立場、家族の立場を配慮しての対処を

 

管理者へのメンタルヘルス教育

管理者→健康管理医→専門医へのパイプ作り

相談室の設置(カウンセリング)

 

直接、上司などの対応の他に、参考までに医師の立場ではどうなのかということも加えて説明することにします。

まず第一に、上司や周囲が、職場不適応の状態であるとか、精神的に不調のようだということに気が付いて、いつ、どのように本人に話すかということでしょう。これは、実はかなり難しい問題を含んでいます。

前にも述べたように自分から不調を上司なり健康管理者、産業医などに相談してくる場合には、もちろん親身になって話を聞くのは当たり前ですが、比較的対処は考えやすいといえます。

自分からいってこなくても、周囲からみて本人も不調に気が付いているようだが、いい出しにくいということがあります。この場合、上司などが何となく遠慮してというか、こちらから本人に声を掛けようかどうしようかとためらうことがままあります。これが、身体の病気、例えば顔が赤くて熱があるようだとか、体調が悪くて苦しそうだなどという時には、周囲はためらわずに、「休むようにとか医者に診てもらったら」と声を掛けると思います。ところが、どうも精神的に不調なように見える時は「ノイローゼみたいだね」とか「うつ病なんじゃないの」などとあからさまにいうわけにもいきませんので、ついつい先伸ばしになってしまうことがよくあります。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
343位
(31,179成果物中)

成果物アクセス数
29,594

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年6月8日

関連する他の成果物

1.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?@ −カウンセリング・マインドの育て方−
2.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?B −事例でみるメンタルヘルスへの対応−
3.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?C −セクシュアル・ハラスメントへの対応と研修マインド−
4.平成12年 将来あるべき人事管理を考えるための基礎調査
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から