日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?A −職場のストレスとメンタルヘルスを考える−

 事業名 カウンセリング・マインド養成研修マニュアルの作成
 団体名 公務研修協議会 注目度注目度5


職場や上司としては、できること、できないことの判断をして、対策は必要だが、抱え込まないこと、一方で逃げ腰にならないこと、いつ専門家に依頼するかなどのことを考えていく必要があります。そういう点を踏まえながら、以下二次介入という問題について考えていきたいと思います。

職場のメンタルヘルスの中で二次介入というのは、職場不適応の早期発見と主として早期治療を含む対応のことと考えてください。

必ずしもカウンセリング・マインドという言葉が当てはまらないかもしれませんが、上司としては、普段から職場によく目を配って、前にも述べました一人一人の職員の個性などをよく把握しておくことが、職場不適応の早期発見につながることだと思われます。もちろん、上司でなく同僚の目で見てということもあるわけですが、この場合でも、結局は上司と部下との普段の人間的なつながりが役に立つことになるでしょう。職場不適応の発見というのは、精神障害の発見というのとは少し違います。その原因が何であるかは別として、周囲から見て「仕事や人間関係がどうもうまくいっていない」、「何か精神的に不調である」といった状況にできるだけ早く気が付いて欲しいということです。病気の発見をしなさいということではないという点を繰り返して強調しておきますが、どういう病気でどういう治療的対応をするかは、専門医などに任せることになるわけですから。

そういうことからいえば、職場不適応を早期に把握するのは、医師である必要はないわけで、むしろ普段接している人たちの方が、早く気付くのが当然なわけです。

自分の方から、精神的、身体的な不調を訴えてくる場合もありますがそれはそれで、単に「しっかりしろ」と励ますようなことではなく、適切な対応を考えなければならないのですが、対応のことは後でまとめて説明します。大切なことは一次介入でふれましたが、まずよく話を聞くことです。上司や周囲が、主観的な判断に偏らないように、自分で抱え込んでしまわないようにするという姿勢だと思います。重大な状況なのかどうかを勝手に自己判断をしないことです。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
344位
(31,428成果物中)

成果物アクセス数
29,639

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年8月10日

関連する他の成果物

1.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?@ −カウンセリング・マインドの育て方−
2.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?B −事例でみるメンタルヘルスへの対応−
3.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?C −セクシュアル・ハラスメントへの対応と研修マインド−
4.平成12年 将来あるべき人事管理を考えるための基礎調査
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から