日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?A −職場のストレスとメンタルヘルスを考える−

 事業名 カウンセリング・マインド養成研修マニュアルの作成
 団体名 公務研修協議会 注目度注目度5


それでも、上司などに自分から不調を訴えてくる場合はまだいいのですが、周囲が何となく気付いているのに、自分からはいってこない、あるいは気が付いていないということもよくあって、この場合の方が対応に困ることも多いかと思います。

よく精神病の人は病気の自覚がないといいます。一概にそうとはいい切れないのですが、そういう傾向があることは確かのようです。ここで精神病といっているのは、前に述べたことの繰り返しになりますが、たちの悪い病気という意味ではなく、発症の要因が主として素因と考えられる精神分裂病などと考えてください。念のため、そういう病気の人に差別的な考えをもっているのではないということは付け加えておきます。

ただ、このような狭い意味での精神疾患でも、はっきりした自覚ではなくても、何となく病気かなという感じ−病感−を持つ場合もあるといいますが、この辺は、精神科領域のことでもあるので余り詳しくは説明しません。もう一度、後でもいいますが、精神病だからカウンセリング・マインドは必要ないとか、無意味だとはいえないとは思います。必ずしも狭い意味の精神疾患ではなくても、自分で気付かないというか、気付こうとしないという場合もあるようです。

 

(2) 職場不適応の発見方法

職場不適応の中で、前に述べた精神的不健康の分類の中の人格障害といわれるものは、ある時期からトラブルが目立ってくるということもありますが、大抵は、前々から何となく周囲が気付いているということが多いようです。具体的にどういうことかというのは、簡単には説明できませんが仕事の面での能力という点では大抵問題はないのですが、物の考え方が世間一般の常識から考えて、ひどく偏っていたり、自分勝手なことが多かったりとか、同じようなことですが、周囲の人と協力、協調してやっていくことができないなどということが多いようです。この場合もなかなか自分でそれに気が付いてくれないことが多いことが、周囲にとってなお困ることにはなります。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
343位
(31,092成果物中)

成果物アクセス数
29,578

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年5月18日

関連する他の成果物

1.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?@ −カウンセリング・マインドの育て方−
2.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?B −事例でみるメンタルヘルスへの対応−
3.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?C −セクシュアル・ハラスメントへの対応と研修マインド−
4.平成12年 将来あるべき人事管理を考えるための基礎調査
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から