日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?A −職場のストレスとメンタルヘルスを考える−

 事業名 カウンセリング・マインド養成研修マニュアルの作成
 団体名 公務研修協議会 注目度注目度5


11 二次介入とカウンセリング・マインド

 

(1) 二次介入とは

職場不適応者を出さないための職場の対応については、一次介入のところで説明しました。あわせて、個人としての心構えなどについてもふれましたが実際には、いろいろと対応してみても完全に職場不適応を防ぐことはできません。もっとも完全に予防が可能であるならば、ここで述べる二次介入とか、この次の三次介入という考え方はいらなくなるわけですが、それは無理なことです。といっても、職場不適応に限らず、一般の病気でも予防ということが一番重要であることは、改めていう必要はありませんが。

職場がいろいろと配慮し、上司がいわゆるカウンセリング・マインドでもって対応しても、職場不適応者あるいは精神疾患等が完全に防ぎきれないのは、一概に対応の不十分さとかまずさとはいえません。

一つには、ストレス、心因などの環境要因によって起こってくる群では、大きなストレスとか精神的負担などがある場合で、これは第3巻の「6 精神疾患と労働災害」のところで詳しく説明しますが、突発的な出来事があったり、予期しない事態が起こったりするなどのことも含まれますし、たまたまその人の一般的な健康状態が余りよくなくて心身の調子を崩してしまうということがあり得るでしょう。

もう一つは、その不適応の背景にあるものが、従来診断でいう内因性の精神疾患である時は、既に「5 精神疾患等発症の要因」のところで説明しましたように、主としてその人の素因が元になって発病する場合で、精神分裂病とか、躁うつ病などであることは前に説明してあります。このような時に、カウンセリング・マインドが無意味とはいいませんが、それだけでは予防は困難であること、ストレスがなくても発症することがあること、不幸なことですが実際にはそういう事例があります。

そこで、職場不適応に対する、初期の対応ということが重要になってきます。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
345位
(31,472成果物中)

成果物アクセス数
29,666

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月14日

関連する他の成果物

1.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?@ −カウンセリング・マインドの育て方−
2.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?B −事例でみるメンタルヘルスへの対応−
3.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?C −セクシュアル・ハラスメントへの対応と研修マインド−
4.平成12年 将来あるべき人事管理を考えるための基礎調査
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から