日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?A −職場のストレスとメンタルヘルスを考える−

 事業名 カウンセリング・マインド養成研修マニュアルの作成
 団体名 公務研修協議会 注目度注目度5


上司との付き合い

素直であること

自分の意見をはっきりさせる

けじめのある態度

分からないことをそのままにしない

気軽にあいさつをする

かげで不満をいわない

 

(3) 職場におけるカウンセリング

このところ方々の職場で相談室というのを設けるところが出てきました。

専門のカウンセラーの方を配置できるかどうかは別として、大変よいことだと思います。この相談室に関することは第3巻で述べますが、職場におけるカウンセリングという標題は少々オーバーかもしれませんし、私自身はカウンセリングの専門家でもありませんが、相談室的なことを含めて、むしろ上司が部下から相談を受けることがあったらどうしたらいいのかということを踏まえて私なりの考えをまとめてみました。

だれがというのは、相談室を設置した場合、専門家以外ではということですから、相談室の問題のところで言及します。

以下のところは、上司が部下から、仕事のことや一身上のことなどで相談を受けた時のことを想定してまとめてみたものです。

これも一つ一つ説明する必要はなさそうですが、相談室のところで述べます。職員としてはこちらが思っている以上にプライバシーということを気にするものです。相談はしたいのだけれど…ということもよく聞きます。一々そんなことを他人に漏らすわけはないよというのは、当たり前としても、そのくらい相手は気にしているのだということを分かってあげてほしいということです。

カウンセリングの専門の方に聞けばもっとよく分かることと思いますが、私自身が理解しているのは、カウンセリングというのは、こちらから一方的に与えるものではないということです。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
343位
(31,092成果物中)

成果物アクセス数
29,578

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年5月18日

関連する他の成果物

1.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?@ −カウンセリング・マインドの育て方−
2.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?B −事例でみるメンタルヘルスへの対応−
3.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?C −セクシュアル・ハラスメントへの対応と研修マインド−
4.平成12年 将来あるべき人事管理を考えるための基礎調査
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から