日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?A −職場のストレスとメンタルヘルスを考える−

 事業名 カウンセリング・マインド養成研修マニュアルの作成
 団体名 公務研修協議会 注目度注目度5


従来診断とICD10の対比については、労働災害と精神疾患というところで提示しておきます。

 

(4) 従来診断による疾患について

ア うつ病

抑うつ気分、意欲減退、希死一自殺念慮、自己不全感、悲哀感罪業−微小念慮、睡眠障害、自律神経症状を主とする身体症状などを示す病態

例えば

人と会うのが面倒、何もしたくない

日常生活が楽しくない

全てに自信がない、自分は駄目な人間だ

将来に希望を感じない、生きていても仕方がないと思う

頭がさえない

容易に物事を決められない

他人の目や噂が気になる

よく眠れない、食欲がない など

 

原則として、明らかな器質疾患が除外されること

一般に精神疾患の発症は、素因、環境要因、結実因子(発症のひきがねとなるもの)によるといわれる。

漠然とうつ病という場合には、いろいろな要因が考えられるが、ストレスを含む環境要因が大きなウエイトを占めていると考えられるのは下記の反応性うつ病とか抑うつ反応に入るものが多いであろう。

従来診断で単にうつ病というといわゆる内因性うつ病をさすことが多い。この場合には、環境要因の関与を否定はしないが、発症の大きな要因が本人の素因にあると考えられる。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
343位
(31,092成果物中)

成果物アクセス数
29,578

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年5月18日

関連する他の成果物

1.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?@ −カウンセリング・マインドの育て方−
2.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?B −事例でみるメンタルヘルスへの対応−
3.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?C −セクシュアル・ハラスメントへの対応と研修マインド−
4.平成12年 将来あるべき人事管理を考えるための基礎調査
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から