日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?A −職場のストレスとメンタルヘルスを考える−

 事業名 カウンセリング・マインド養成研修マニュアルの作成
 団体名 公務研修協議会 注目度注目度5


イ 反応性うつ病

病態や症状は上記のうつ病に準ずる精神的な原因や動機(心因−ストレスも当然含まれる)があってそれらの精神的な負担に対する反応として上記のうつ症状も示すものである。

この場合、心因とされるものは、急激に起こったものも、長期にわたる出来事のこともありうる。

心因反応に含めてもよいが、特にうつ症状が表に出ている場合にこの診断をつけることが多い。したがって抑うつ反応と診断される場合もあり得る。

ウ うつ状態

状態像を診断名とすることは、必ずしも好ましいことではなく診断もあいまいとなるが、背景因子(素因、環境因子など)がはっきりしないものの、症状はうつ病の示すそれである時に、とりあえずの診断としてつけられる。

状態像診断:他に幻覚妄想状態など

エ 抑うつ反応

ゆううつにさせるような動機がありそれに直接関係して起こってくる抑うつ状態をいう。抑うつの内容は動機となった体験に集中することが多く、通常の悲哀より程度の強いものであるが、原則として動機がなくなると抑うつも消える。症状経過のより重症のものを反応性うつ病と呼ぶ場合もあるがその区分は明確ではない。

オ 心因反応

心因とは心理的な葛藤を含む様々な精神的な原因、動機、負担となることなどをいい、環境要因、ストレスなどもこれに入る。

これに対して精神的な反応として起こってくる精神症状の総称。

したがって、ここで示される症状は一定のものではなく、心因の種類や本人の性格、周囲の状況によっても現れは異なる。うつ症状、心気症状、神経症様症状から幻覚妄想状態まで出現しうる。一般には一過性であること、発症と心因との因果関係が客観的に了解できることが条件の一つとなる。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
344位
(31,373成果物中)

成果物アクセス数
29,617

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年7月13日

関連する他の成果物

1.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?@ −カウンセリング・マインドの育て方−
2.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?B −事例でみるメンタルヘルスへの対応−
3.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?C −セクシュアル・ハラスメントへの対応と研修マインド−
4.平成12年 将来あるべき人事管理を考えるための基礎調査
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から