日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?A −職場のストレスとメンタルヘルスを考える−

 事業名 カウンセリング・マインド養成研修マニュアルの作成
 団体名 公務研修協議会 注目度注目度5


この中に入れられるものとして、急性ストレス反応とか、PTSD (心的外傷後ストレス障害)といった、新聞などでもこのごろよく目にする診断名があります。

ただ、ICD10では、現れた精神症状を主体の判断が多いため、その成立の機序について、分かりにくいところがあるかもしれません。

また少し従来診断的な疾患に話しが戻りますが、ストレス関連で心身症といわれる一連の疾患群があります。精神科というより心療内科でよく取り上げられるようです。

ICD10にはこの診断名はありませんし、ややあいまいなところもあるので、将来は、心理的要因が関係している身体疾患群というような具体的ないい方になっていくかもしれません。それはそれとして、様々な身体病の中に、その発症や増悪に心因一ストレスが関与していると思われるものがあります。これは、具体的な疾患名を挙げると切りがないのですが、胃潰瘍、十二指腸潰瘍がストレスによって起こってくるというのは、何となく知っていることのようです。また何か心配ごとがあると血圧が上がるなどというのも何となく分かるような気がします。実際にストレス過剰になると、何故このような病気が起こってくるかの説明もそう単純ではないのですが、一応ストレス過剰は生体の自律神経系、内分泌系に影響して、そのバランスを崩して疾病の原因になるとされています。自律神経系というのはご存知と思いますが、交感神経と副交感神経があって、それが上手くバランスをとって生体の機能を維持していると考えられていますが、ストレスによって交感神経緊張状態になると、例えば胃液の分泌が盛んになりすぎるとか、胃の血管が収縮して貧血気味になって、それが消化性潰瘍の原因になるなどの説明があるようです。この辺は最初に述べた、身体の健康と心の健康、つまり健康とはトータルなもの(トータルヘルス THP)ということとも関係してくるのでしょう。心身症の成り立ちを説明すると切りがありませんので、心身症とされる代表的なものを表示しておきますが、この他にもまだいろいろあると思います。事実ストレスによって発症したと考えられる身体疾患の事例もよく見られます。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
348位
(31,571成果物中)

成果物アクセス数
29,778

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年12月7日

関連する他の成果物

1.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?@ −カウンセリング・マインドの育て方−
2.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?B −事例でみるメンタルヘルスへの対応−
3.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?C −セクシュアル・ハラスメントへの対応と研修マインド−
4.平成12年 将来あるべき人事管理を考えるための基礎調査
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から