日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?A −職場のストレスとメンタルヘルスを考える−

 事業名 カウンセリング・マインド養成研修マニュアルの作成
 団体名 公務研修協議会 注目度注目度5


(表13)

053-1.gif

 

これによれば、すべての疾患はだれが見ても同一の診断になるというわけにはいかないとしても、従来診断よりは、統一化されるとはいえるようです。

この基準は、10の群に分類して、その中に個々の疾病を挙げていますが、個々の診断を数えると400近くになり、当然、個別的な解説はできません。ただ、解説書は出ており、専門家以外には、分かりにくいところはもちろんありますが、最近は労働災害認定上もこれを使うことが多いので、認定に関係している事務職員の方などもそれを参考にされることが多いようです。

分かりにくい表現もあるかもしれませんが、ストレス関連では、F3気分障害、F4神経性障害というところに含まれるものが大半のようです。

F3の気分障害というのは、うつ病、うつ状態、その逆の躁病などが代表的なものになりますが、従来診断的にいうと、内因性のものも心因性のものもあります。なお、F2の分裂病の群の一部には心因が関与すると考えられるものもあります。

F4の神経性障害…の群にも極めて様々なものが含まれていますが、いわゆるストレスが要因となって発症すると考えられるものが多いので、職場のメンタルヘルスを考える上で重要なものも多いようです。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
343位
(31,210成果物中)

成果物アクセス数
29,604

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年6月22日

関連する他の成果物

1.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?@ −カウンセリング・マインドの育て方−
2.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?B −事例でみるメンタルヘルスへの対応−
3.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?C −セクシュアル・ハラスメントへの対応と研修マインド−
4.平成12年 将来あるべき人事管理を考えるための基礎調査
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から