日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?A −職場のストレスとメンタルヘルスを考える−

 事業名 カウンセリング・マインド養成研修マニュアルの作成
 団体名 公務研修協議会 注目度注目度5


精神的不健康といわれるものの中には、いわゆる病気とは考えられない一群があります。

エの人格障害というのは性格の偏りを持った人ということで、病気ではありませんが、いろいろな社会問題を起こすことがあります。これも、程度や分類は様々で、切りがありませんし、それを説明するのが主旨ではないので、一般的に職場で、変わりものとか、一匹狼的といわれている人などを頭に浮かべてみてください。そうしますと、このような人たちは職場で周囲との協力関係、人間関係が円滑に行かないことが多く、職場でも困ることが多いというのも事実です。周りが対応に困るだけでなく、本人自身も悩んでいるということもあります。

オの病気とはいえない不適応状態は、例えば前途のピーターパン症候群などのメンタルヘルス症候群のかなりの部分が入ると考えられます。

最後のカの精神遅滞は、もともと知的障害のある人たちのことで、気の毒であるなしは別として、一般の職場では問題として取り上げられることも少ないかもしれません。

 

(3) ICD10とは

いずれの疾病や不健康においても、それらの人たちへの対応は、ある意味でカウンセリング・マインドが必要であるともいえると思います。専門的な治療の問題は別の課題であるとはしても。従来診断は比較的わかりやすいという反面、診断にばらつきがあるということで、どちらかといえば、疾病統計上の問題も踏まえて、国際的な診断基準ができ、その一つがICD10です。(表13)

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
344位
(31,373成果物中)

成果物アクセス数
29,617

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年7月13日

関連する他の成果物

1.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?@ −カウンセリング・マインドの育て方−
2.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?B −事例でみるメンタルヘルスへの対応−
3.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?C −セクシュアル・ハラスメントへの対応と研修マインド−
4.平成12年 将来あるべき人事管理を考えるための基礎調査
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から