日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?A −職場のストレスとメンタルヘルスを考える−

 事業名 カウンセリング・マインド養成研修マニュアルの作成
 団体名 公務研修協議会 注目度注目度5


表11の上の方は、クラークというイギリスの精神医学者がいったことですが、病的な精神症状のないことというのは当然といえば当然ですが、以下きちんと働いていることが一つの条件であること。これは考えようによっては、精神遅滞の人は十分な労働能力がないから、不健康だというふうにいってしまう差別ということで問題になるかなとも思います。

3:は葛藤という言葉を心理学的に説明しなくても、嫌なこと、辛いことを何とか自分の気持ちの中で処理できるということになり、前途のピーターパン症候群などは、この点の問題でもあるでしょうし、ストレスに強い弱いということも、結局このことになるわけです。

4:は私なりに考えれば、視野を広く持てる、自分のことだけ考えるのではないということかと思います。

つまり心が健康ということは、単に心の病気をもっていないということではないということになります。

下の慈恵医大の故高良教授の表を見ると、それがよりはっきりすると思います。詳しい説明は不要と思いますので省略しますが、ここには精神的な病的症状のことは何も出てきません。

 

(表11)

049-1.gif

(慈恵医大 故 高良名誉教授による)

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
348位
(31,578成果物中)

成果物アクセス数
29,783

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年12月14日

関連する他の成果物

1.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?@ −カウンセリング・マインドの育て方−
2.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?B −事例でみるメンタルヘルスへの対応−
3.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?C −セクシュアル・ハラスメントへの対応と研修マインド−
4.平成12年 将来あるべき人事管理を考えるための基礎調査
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から