日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?A −職場のストレスとメンタルヘルスを考える−

 事業名 カウンセリング・マインド養成研修マニュアルの作成
 団体名 公務研修協議会 注目度注目度5


そしてまた(2)(6)(7)のようにまさに、ストレスに強くなるにはという命題にぴったりのこともあります。

考えてみれば、これをすべてクリアーするのは、なかなか大変なことかもしれません。

精神疾患などの診断については、ご存知の方も多いと思いますが、従来診断、ICD10、DSM IVなどの診断基準があります。DSM IVはかなり専門的で複雑なところが多いので、ここでは省略します。このごろは労働災害の認定などでも、ICD10の診断基準を用いていることが多くなってきていますが、従来診断というのもそれなりに一般的には理解しやすいところがあって、まだ広く用いられています。

それぞれの診断基準はそれなりの特色もありますが、どれが絶対的にとは、なかなかいえませんし、それぞれの診断の比較対照ということも問題になって来ますが、単純に比較することはなかなか困難です。このことは、今回のマニュアルの主たる目的ではないので、とりあえず、それぞれの診断基準について簡単に説明しておきます。

従来診断というのは信頼度が低いということではないのですが、診る医師によって、一つの状態や疾病について診断が異なるということがよくあります。

 

(2) 精神的不健康とは

それはそれとして、従来診断的に精神的不健康を私なりに表12のように分けてみました。

蛇足になるかもしれませんが、精神疾患としないで、精神的不健康としたのは、もともともっているもので、発症した病気とはいえないものも含まれるからです。

精神疾患などの診断が難しいことの一つには、身体疾患のように、血液検査とかレントゲン検査などの結果を元にしてということができないものが多いからということにあります。心理テストなどはありますが、身体的基盤のない疾患が大部分ともいえます。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
344位
(31,444成果物中)

成果物アクセス数
29,651

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年8月24日

関連する他の成果物

1.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?@ −カウンセリング・マインドの育て方−
2.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?B −事例でみるメンタルヘルスへの対応−
3.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?C −セクシュアル・ハラスメントへの対応と研修マインド−
4.平成12年 将来あるべき人事管理を考えるための基礎調査
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から