日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?A −職場のストレスとメンタルヘルスを考える−

 事業名 カウンセリング・マインド養成研修マニュアルの作成
 団体名 公務研修協議会 注目度注目度5


配偶者が死んだり、失恋して楽しいということは無いはずですし、仕事がハードだったり、仕事にミスがあって嬉しくて仕方がないなどということはあるわけが無いからです。

人間以外の動物でもストレスによって様々な症状が現れるといいますが、これは少し本筋からはずれますのであえて例は挙げません。

ただストレス関連で起こってくる様々な身体症状ないしは身体疾患があり、これは後で、心身症として例示しますが、この場合は、ストレスが生体の自律神経系統や内分泌系統(ホルモン)のバランスを崩し、それによって身体病が起こってくるといい、心因が関係する身体の病気という意味で心身症といわれます。心療内科でよく取り扱われ、精神科と身体科の中間の病気のようにもいわれますが、そういってしまえないところもあるようです。

もう一つここで言えることは、このような心因性、ストレス性といわれる精神、身体疾患でも、個人の素因が全く関係がないわけではありません。よくストレスに強いとか弱いとかいいますが、確かに同じような出来事−心因とかストレス−があって、だれもが同じような精神的な反応や症状を示すわけではありません。もちろん、ストレスに対する個人の受け止め方や対応に問題があるともいえますが、やはり受け止める側の性格や素因が関係することは否定できません。結局、前にいったようにどの要因にウエイトがあるかということになります。

あとで述べる身体的な要因も含めて精神疾患等の発症は一つの要因にだけよるものではなく複合したもの、多因子性であるといった方がいいかとも思います。

ウ 結実因子

次の結実因子と書いたものは、場合によっては、今の環境要因に含めてもいいのですが、発症の直接のきっかけとなったものという意味で一応別に取り上げました。

身体的な疾患で、分かりやすい例を挙げれば、最近また問題になってきている肺結核は、原因はといわれれば、結核菌であることは間違いありませんが、発症しやすい体質もあるといわれていますし、例えば、過労、栄養低下などのため発病した時、それを肺結核の原因とはだれもいいませんが、それらが発病の引き金となったと考えることはできるわけです。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
344位
(31,386成果物中)

成果物アクセス数
29,621

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年7月20日

関連する他の成果物

1.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?@ −カウンセリング・マインドの育て方−
2.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?B −事例でみるメンタルヘルスへの対応−
3.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?C −セクシュアル・ハラスメントへの対応と研修マインド−
4.平成12年 将来あるべき人事管理を考えるための基礎調査
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から