日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?A −職場のストレスとメンタルヘルスを考える−

 事業名 カウンセリング・マインド養成研修マニュアルの作成
 団体名 公務研修協議会 注目度注目度5


もっとも将来医学の進歩によってこれらの原因がもっとはっきりするかもしれません。

現在のところでは、発症しやすい体質というのが、一番大きなウエイトを占める精神疾患があるということになります。後で述べる精神疾患の労働災害認定のところでは、問題になることがよくあります。

ただし、次に述べる環境要因、ストレスなどが発症に全く関与しないかどうかということになると、全くとか絶対にといういい方はできませんが、発症のきっかけになることはあり得ても、それがあとで説明する内因性精神疾患発症の主たる要因とは考えにくいということになります。

イ 環境要因

実際に環境要因が主に関係するのは精神疾患の中では、「神経症圏内」といわれる疾患群が多いといえます。

疾患の説明はあとでしますが、従来診断的にいうと心因、つまり精神的に負担になること、心の重荷になることが要因となって何らかの精神症状を示すことがあり、心因性精神疾患ということもあります。

心因を一言でいわれるものの多くは、これまでに述べてきた精神的ストレスといってもいいかもしれません。環境要因、ストレス、心因といった言い方はほほ精神疾患発症の要因に関しては同じような意味合いと考えてよいかと思います。その内容については様々で挙げれば切りのないことになりますので、前に述べた「1 ストレス(ストレッサー)とは」、「2 職場のストレス」を参考にしてください。

そこで、ストレスによってなぜ精神疾患などが発症するのかということになりますが、これもそう簡単には説明しきれません。ただ、ストレスとか心因とか精神的葛藤とかいわれるものが、生物にとって、精神的な重荷となって、うつ状態とか、いらいら感とか、不安感などが生じてくるというのは、納得はできるところです。これを脳の機能のレベルから説明することもできるかもしれませんが、ここでは常識的にそういうことがあればそうなるだろうという程度に考えておいてください。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
348位
(31,553成果物中)

成果物アクセス数
29,717

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年11月16日

関連する他の成果物

1.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?@ −カウンセリング・マインドの育て方−
2.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?B −事例でみるメンタルヘルスへの対応−
3.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?C −セクシュアル・ハラスメントへの対応と研修マインド−
4.平成12年 将来あるべき人事管理を考えるための基礎調査
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から