日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?A −職場のストレスとメンタルヘルスを考える−

 事業名 カウンセリング・マインド養成研修マニュアルの作成
 団体名 公務研修協議会 注目度注目度5


5 精神疾患等発症の要因

 

ここで説明することは、ストレスと精神疾患ということと重複する部分もありますが、精神疾患の発症の原因が何であるかというのは極めて難しい問題です。そこで、原因といわずに要因というややあいまいないい方をすることになります。

 

(表10)

043-1.gif

 

また一つの要因で、発症を説明できることはむしろまれで、いくつかの要因が重なって発症するとも考えられます。それぞれの要因の占めるウエイトによって、あとで説明する精神疾患について、従来診断では特にそれを考慮して診断をつけるということになります。

ア 素因

心の病気に限らず、どんな病気でも、それにかかりやすい、なりやすい体質、素質をもっているということがあります。高血圧、糖尿病その他生活習慣病といわれるものの中に体質が関与していると考えられる例も多く見られます。心の病気の場合は性格というのも素質の中に含まれるでしょう。これらをひっくるめて、素因ということにします。

取り巻く家庭、社会、職場などの環境に、特に問題があるとは考えつまり精神的な負担になることや、俗にいう精神的なショックこれはストレスといい換えてもいいのですが、そういうものがないようなのに、精神症状を示し、何らかの精神疾患を発症することがあります。従来診断の中では、狭義の精神疾患−精神分裂病、躁うつ病−がこれに入れられるわけですが、これらは多分に遺伝的な要因があるとも考えられています。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
343位
(31,138成果物中)

成果物アクセス数
29,583

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年5月25日

関連する他の成果物

1.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?@ −カウンセリング・マインドの育て方−
2.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?B −事例でみるメンタルヘルスへの対応−
3.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?C −セクシュアル・ハラスメントへの対応と研修マインド−
4.平成12年 将来あるべき人事管理を考えるための基礎調査
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から