日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?A −職場のストレスとメンタルヘルスを考える−

 事業名 カウンセリング・マインド養成研修マニュアルの作成
 団体名 公務研修協議会 注目度注目度5


もちろん、職場が適材適所というか、配慮をすることで解決する場合もあるかもしれませんので、一応挙げておきます。

ただ、現在のような求職状況の厳しい中では、定義どおりにいかないとは思います。

それから、これも現在のどちらかといえば就職難の中では、必ずしも現実的ではないかもしれませんが、職場がこの人と選んで採用し、期待しているのに、職員の側が、早い時期に、この職場は何か自分に合わないとか、上司が気にいらないとか等で、辞めるなどといい出すと、当然のことながら人事配置などに問題が起こってきます。具体的には某省庁で、上級職として採用した職員が、研修中に辞めるといい出して、何とか引き止めるのに苦労したという例があります。これも単に職場の対応がどうこうということばかりではなく、本人側の姿勢に問題があることが多いように感じられます。

職場で孤立しがちで、同僚などと円滑な人間関係がもてない職員がいると大変困るものです。他との人間関係を拒否するなどということになると、単なる症候群などといっていられないことになりますが、この辺も、画一的、通り一遍に説明するのは難しく、職場側のいろいろな要因が絡み合っていると考えられるでしょう。職場、特に直接の上司などの対応が大切であることはいうまでもありませんが、それだけでは解決できないことも多いようです。

ク 飛行機雲症候群

飛行機雲症候群というのは、飛行機が飛んでいる後にできる雲から連想して、後ろばかり振り返って前向きになれない人たちということのようですが、この辺は、ある程度、カウンセリングなどによって解決できることがあるような気もします。何度もいうように職場側に問題のある場合、本人側に問題のある場合が考えられますが、むしろ後者の方が大きいかもしれません。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
343位
(31,092成果物中)

成果物アクセス数
29,578

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年5月18日

関連する他の成果物

1.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?@ −カウンセリング・マインドの育て方−
2.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?B −事例でみるメンタルヘルスへの対応−
3.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?C −セクシュアル・ハラスメントへの対応と研修マインド−
4.平成12年 将来あるべき人事管理を考えるための基礎調査
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から