日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?A −職場のストレスとメンタルヘルスを考える−

 事業名 カウンセリング・マインド養成研修マニュアルの作成
 団体名 公務研修協議会 注目度注目度5


この辺が人事配置の難しいところで、何度も出てきましたが、本人の適応度の把握という、困難ではあるが避けて通れないことが起こって来ます。

なお、不適応ということば、ニュアンスとしては分かってもらえると思いますが、職場不適応というところで少し説明することにしています。

カ スーパーウーマンシンドローム

スーパーウーマンシンドロームと言うのは、米国でいわれ始めた言葉です。キャリアーウーマンといわれる女性は、当然仕事面では男性と同様にやっていけるわけで、別に差別という問題ではなく、もし家庭を持った場合、家庭の主婦としても仕事同様完全を期すと、やはり無理が出てくるということで、その狭間で悩むことになる状態と考えられます。ある例としては、保育所の保母として極めて仕事熱心で、子供たちにも好かれ、その母親たちからも信頼の厚かったが、家庭では二人の子供がいて、どうしても自分の家事や育児が手抜きになることを悩んで、自律神経症状やうつ状態を示した例をみています。この場合、当然配偶者など家族の協力が必要なことはいうまでもありませんが、職場としてもどのような配慮や援助ができるかということになると、具体的にはケースバイケースでしょうが、カウンセリング・マインドを踏まえた対応などということが浮上してくるかもしれません。

キ 青い鳥症候群

青い鳥症候群と言うのは幸福の青い鳥を求めて、転々とすることから転用された言葉かと思いますが、自分が満足できない、何か受け入れられないと感じて、職場を転々と変える状態を指すようですが、これは単にストレスだけの問題ではなく、本人の側に、場合によってはもう少し病的な状態を考えなければいけない場合もあるようで、職場の対応だけではすまないことが多いと思われます。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
345位
(31,488成果物中)

成果物アクセス数
29,668

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月21日

関連する他の成果物

1.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?@ −カウンセリング・マインドの育て方−
2.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?B −事例でみるメンタルヘルスへの対応−
3.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?C −セクシュアル・ハラスメントへの対応と研修マインド−
4.平成12年 将来あるべき人事管理を考えるための基礎調査
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から