日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

カウンセリング・マインド養成研修マニュアル? ?カウンセリング・マインドの育て方?

 事業名 カウンセリング・マインド養成研修マニュアルの作成
 団体名 公務研修協議会 注目度注目度5


でも、自分にはどちらもできませんでした」と、大手メーカーの設計部門で働くTさん(38歳、係長)は訴えました。

Tさんは最近、顔や首の周りに湿疹ができて、いっこうによくなる気配がありません。しばらくすると、ほとんど眠れないという状態にまで陥ったので会社の医務室を訪ねたところ、医師から「これはストレス症状だから、カウンセリングを受けるように」と勧められたといいます。

Tさんは、上司から自分は認められていないことを、このところの評価から実感していました。Tさんの評価を行うのは、この職場にどうしても必要な人材と高く評価され異動してきた直属の上司(40歳、室長)とその上の上司(48歳、次長)です。直属の上司は、上に対して気を遣い、上からの受けがよく、二人はしょっちゅう一緒にお酒を飲みに行くという仲だという評判でした。部下から見ると、直属の上司は、確かに仕事はできるが組織を束ねる力か弱いといいます。結局、Tさんがマネージャー業務の多くを引き受けることになり、設計の仕事と両方で負但は重くなりました。にもかかかわらず、そうした面を正当に評価してもらえていないというのです。

「これまでも、上司との関係で悩んだことはありましたし、サラリーマンにとってはそう珍しいことではありません。今回も、今がそういう時期なのだと割り切って乗り越えようと思っていました」とTさんは言います。しかし、評価が低いということは給料や賞与にもろにはね返ってきますから、やはり家族を抱えた身としては深刻でした。

 

「短時間の面接だけで評価が決まることへの不安」

最近、Tさんは上の上司(次長)と評価面接が行われた機会に、上の認識を少しでも変えてほしいと考えて、自分の仕事の状況や日ごろ悩んでいることを思い切って話そうとしました。この上司はいくつもの仕事を兼務していることもあってほとんど席にいなかったので、職場の問題を把握できる状態ではありませんでした。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
58位
(35,506成果物中)

成果物アクセス数
197,483

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2023年1月28日

関連する他の成果物

1.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル? ?職場のストレスとメンタルヘルスを考える?
2.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル? ?事例でみるメンタルヘルスへの対応?
3.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル? ?セクシュアル・ハラスメントへの対応と研修マインド?
4.平成12年 将来あるべき人事管理を考えるための基礎調査
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から