日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?@ −カウンセリング・マインドの育て方−

 事業名 カウンセリング・マインド養成研修マニュアルの作成
 団体名 公務研修協議会 注目度注目度5


三人又は四人のうち、二人がロールプレイを行い、あとの人はそれをじっくりと観察します。

そして、一回のロールプレイが終わるつど、グループで話し合います。そのときに、カウンセラー役の人も、相談者役の人も感想を述べますが、オブザーバーも二人のやりとりを観察した感想を述べます。カウンセラー役の人がじっくりと話を聴いていたか、話しすぎていないかなどこれまでに学んだ基本的な態度について感想を述べるのです。そのうえで、全員で話し合えば、ポイントがよりはっきりとしてきます。

ただし、オブザーバーが感想を述べるときには、問題点をいきなり指摘するのではなく、最初に必ず「よかった点」を述べてから、感想や問題点を言うようにしたほうがよいでしょう。

 

(6) 職場のロルプレイでしてはならないこと

職場のロールプレイをするときに、研修担当者に配慮が足りないと、「今自分の悩んでいることについてロールプレイで話してみましょう」などということを行ってしまいがちです。これは、プロのカウンセラーになりたい人が集まっている場面で、かつ、その場の人たち全員の合意があり、しかも十分に訓練されたインストラクターが研修を行っている場合に限って許される研修法です。

そのようなプロフェッショナルなスキル修得を目指している人の集まりの研修ですら、プライベートなことを語るようにインストラクターから半ば強制的に押し付けられたということで、ときどき問題が発生しています。

お互いに利害関係があったり、通常の人間関係をもっていたりする職場での研修で、このようなロールプレイを行うことは、プライバシーの侵害につながる可能性が極めて高いものとなります。露骨に嫌な顔をする人もたくさんいますが、それが普通の人の感情なのです。

研修を行うことによって、人の心を傷つけるようなことがあってはならないことですので、職場での研修の場合には、プライバシーにかかわるような個人的なことを題材とする研修は避けて下さい。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
58位
(32,483成果物中)

成果物アクセス数
183,704

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年8月15日

関連する他の成果物

1.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?A −職場のストレスとメンタルヘルスを考える−
2.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?B −事例でみるメンタルヘルスへの対応−
3.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?C −セクシュアル・ハラスメントへの対応と研修マインド−
4.平成12年 将来あるべき人事管理を考えるための基礎調査
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から