日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?@ −カウンセリング・マインドの育て方−

 事業名 カウンセリング・マインド養成研修マニュアルの作成
 団体名 公務研修協議会 注目度注目度5


また、監督者研修をする場合に、自分の職場で起こった部下の問題などを話題に取り上げてしまうこともあるかもしれませんが、そのようなことをすると、他の職場の人にもその部下についての情報がどんどん流れていってしまいます。これでは部下のプライバシーが守られていません。たとえ研修の場といえども、個人の秘密が漏れてしまうおそれがあるようなことはしてはならないのです。

職場研修の場合に題材として取り上げてよいのは、他人のプライバシーと関係のない当たり障りのないことだけです。

 

(7) ロールプレイでも守秘義務がある

カウンセリングにおける信頼関係づくり、あるいはカウンセリング・マインドにおける信頼関係づくりにおいて、「守秘義務」は最も重要なポイントです。

相手が自分の秘密を漏らしてしまうような人であれば、人間として信用できませんから、そのような人に相談をする人がいるはずはありません。「守秘義務」はどのような相談場面でも絶対条件なのです。

そうした意識を高めるためにも、研修の場面であっても守秘義務があるのだと考えて、細心の注意を払った対応をしましょう。

取り上げるケースについても、実際のケースを取り上げようとするのならば、だれの相談かを特定することができないように、必ず加工してから取り上げて下さい。

 

(8) ロールプレイは体験が重要

ロールプレイ研修は、プライバシーにかかわる内容、人の心に深くかかわるような内容でなければ、ある程度の研修を受けた人ならだれでもインストラクターとなることが可能です。専門家に依頼せずに、研修担当者などがロールプレイ研修を行っている職場もあります。

重要なことは、ベストの研修ではなくても、より多くの人が、何回かの経験を積めるようにすることです。人から何かを教えてもらうというよりも、研修受講者が自ら何かに気付くということのほうが重要ですから、インストラクターの介入は最小限にして、受講者がより多くの体験を積めるようにプランを立てましょう。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
58位
(32,483成果物中)

成果物アクセス数
183,704

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年8月15日

関連する他の成果物

1.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?A −職場のストレスとメンタルヘルスを考える−
2.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?B −事例でみるメンタルヘルスへの対応−
3.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?C −セクシュアル・ハラスメントへの対応と研修マインド−
4.平成12年 将来あるべき人事管理を考えるための基礎調査
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から