日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?@ −カウンセリング・マインドの育て方−

 事業名 カウンセリング・マインド養成研修マニュアルの作成
 団体名 公務研修協議会 注目度注目度5


4 職場でカウンセリング・マインドを活かす具体的方法

 

ここでは、前に述べた基本的なカウンセリング理論をふまえて、実際の職場の会話場面でのスキルについてまとめてみます。

現実の会話にスキルを活用することによって、カウンセリング・マインドは有効に展開されていきます。

 

(1) 職場での1対1の対話を大切にする

1] 積極的傾聴を行う

前に説明したように、1対1の対話では、傾聴のスキルがかぎとなります。繰り返しになりますが、「聴く」というのは、「聞く」ということとは大きく違います。「聞く」は、受動的に何気なく聞くことで、「聴く」は能動的・積極的に意識して聴くということです。この傾聴のスキルには受容・繰り返し・明確化・質問があります。

ア 「受容のスキル」を使ってみる

私たちは、「へぇ一」「なるほど」などの「あいづち」を職場での会話にもよく使っています。首を振って「うなずき」などのジェスチャーをしたり、「あいづち」をうったりしながら、相手の話を最後まで誠意をもって聴くことを「受容」といいます。この受容は、一生懸命聴いて、相手に心地よく、たくさん話してもらおうということです。

しかし実際の受容の場面では、例えば、部下の話を真剣に聴いているつもりでいても、「さっき電話をするのを忘れた」とか、「今日は確か妻の誕生日だったな」などと心に突然他のことが浮かんできたり、相手が自分の考えと合わないようなことをいえば、拒否的な表情をしたりとブロッキング現象が起こることがあります。ブロッキング現象が起きたら、意識化して脇に置くようにします。今は目前の相手の話に専念して、聞くことを意識して心掛けます。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
58位
(32,483成果物中)

成果物アクセス数
183,704

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年8月15日

関連する他の成果物

1.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?A −職場のストレスとメンタルヘルスを考える−
2.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?B −事例でみるメンタルヘルスへの対応−
3.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?C −セクシュアル・ハラスメントへの対応と研修マインド−
4.平成12年 将来あるべき人事管理を考えるための基礎調査
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から