日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?@ −カウンセリング・マインドの育て方−

 事業名 カウンセリング・マインド養成研修マニュアルの作成
 団体名 公務研修協議会 注目度注目度5


部下のほうは、表情の変化を見逃しません。「この課長は話を上の空で聞いている」と感じれば、途端に会話のトーンが下がるでしょう。受容は話す意欲を高める効果があります。

イ 「繰り返しのスキル」を使ってみる

相手の話したことを、話のポイントとらえて繰り返していうことを、「繰り返し」といいます。この「繰り返し」も「今度管理課の山田さん結婚するそうですよ」「エッ 結婚するの?」のように日常の職場の会話でもよく使われています。

繰り返しといっても1字1句そのまま繰り返すことをいうのではありません。そのままのオウム返しでは、真剣さが感じられずに効果はありません。相手が感情をこめた言葉や話のエッセンスを整理して繰り返すことにより、相手が自分の気持ちに向き合うことができるわけです。できれば相手と同じ感情をこめて良いタイミングで繰り返すようにすれば、「分かってもらえている」という確認にもなり、より効果的になります。

特に、職場で上司に自分のことを分かってもらえているということは、大きな安心感を生み出します。

ウ 「明確化のスキル」を使ってみる

明確化は、相手の代わりに本当に言いたいことを言語化して、相手が意識化できないでいる感情を意識化させることをいいます。

意識化させることによって、相手は自分の本当の感情に気付くことができます。適当な言葉が見つからず、沈黙している場合などはスッキリして、その先に話を進めることができるようになります。明確化には、1]相手のニーズを見抜いて、提言する2]相手の感情を推察して、確認する、というスタイルがあり、明確化が当たれば安堵感・満足感が生じ、ときには涙ぐんだりすることもあります。傾聴のスキルとしては、今までよりも少し高度になりますが、相手の自らの行動変容へと導く手掛かりになります。

時にはわざとはずれたことを言ってみるのも有効です。違えば相手は「それは違います」という反応をすることにより、感情を確信します。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
58位
(32,483成果物中)

成果物アクセス数
183,704

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年8月15日

関連する他の成果物

1.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?A −職場のストレスとメンタルヘルスを考える−
2.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?B −事例でみるメンタルヘルスへの対応−
3.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?C −セクシュアル・ハラスメントへの対応と研修マインド−
4.平成12年 将来あるべき人事管理を考えるための基礎調査
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から