日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?@ −カウンセリング・マインドの育て方−

 事業名 カウンセリング・マインド養成研修マニュアルの作成
 団体名 公務研修協議会 注目度注目度5


この直面化には次のようなものがあります。

・ 相談者のものの見方、行動が事実に反していることに気付くようにすること

・ 論理療法でいうところの非合理的な思い込み(イラショナル・ビリーフ)に対する直面化

・ 相談者のいっていることと、非言語的な表現の矛盾への直面化などです

(対決技法例)

・ あなたの話を聞いて、私には…のように思えます。どうですか。

・ あなたは前回は…といい、今回は…といいます。それはどう違いますか。

・ あなたは楽しいと言っているのに、声がとても沈んで聞こえます。それはどうしてですか。

4] 行動支援技法について

上記のようなプロセスを経たあと少し動き出した相談者に対して、行動計画、実行、自己評価への支援を目的としたより具体的な技法です。

(行動支援技法例)

・ あなたの計画について、話してみてください。

・ その計画は上手くいきそうですか。(efficacyの確認)

・ できそうな計画で一歩一歩進みましょう。

 

(4) 話を聴くスキルのまとめ

以上、話を聴くスキルについて順を追って解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。

「話を聴く」ということは、単に受身の行為ではありません。一人の人間が自分を探し求めて、今まで気付かなかった自分に出会い、新しい生き方を歩み始める。そういう一連の過程に積極的にかかわっていくという、圧倒的に主体的な営みなのです。

したがってこれから「積極的傾聴法」を学ぼうとする人の第一歩は、まず自分自身で、自分探しの旅に出かけてみることではないでしょうか。これまで学んだ学習に沿って、自分自身の人間観、他人に対する態度・姿勢について、一度じっくり振り返ってみてください。そして自分自身の心の声にじっと耳を傾け、必要とあれば、対決技法により自分自身との対決をしてみてはいかがでしょうか。そうすることで今一度、“The way to do is to be.”というロジャーズの言葉の持つ深い意味を、しっかり胸に刻みつけて欲しいと思います。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
58位
(32,483成果物中)

成果物アクセス数
183,704

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年8月15日

関連する他の成果物

1.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?A −職場のストレスとメンタルヘルスを考える−
2.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?B −事例でみるメンタルヘルスへの対応−
3.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?C −セクシュアル・ハラスメントへの対応と研修マインド−
4.平成12年 将来あるべき人事管理を考えるための基礎調査
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から