日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?@ −カウンセリング・マインドの育て方−

 事業名 カウンセリング・マインド養成研修マニュアルの作成
 団体名 公務研修協議会 注目度注目度5


一つには契約の意味があり、医師で言うところのインフォームドコンセントに当たります。はじめに両者の合意を得ることが重要です。そしてもう一つには、アイスブレーキングの役割を果たします。はじめの固い雰囲気をほぐし、緊張や不安を和らげたり、興奮している人、怒りをもっている人の感情を鎮める意味でも効果的です。

カ 質問

相談者の話で分かりにくいところ、あいまいなところなどを問い返すことです。相談者が自分の気持ちや考え方を整理したり、探索することで、現実の目標の自覚につながります。

・閉ざされた質問 − 「はい」「いいえ」「…です」などと限定された答えが返るもの

・開かれた質問 − 「どんな気持ち?」など相手が具体的に自分を語ってくれるもの

(質問例)

・そのことについて、もう少し話してみませんか(一般リード)

・その時、あなたの気持ちはどのようなものでしたか(感情定位)

・今、話していて、どんな気持ちですか(here&now)

・あなたはどうなりたい、どうなれたらよいと思うの(目標定位)

質問の中で注意しなければならないことは、自分の興味本位で聞いてはいけないということです。また、閉ざされた質問は、どうしてもカウンセラー主導になりがちです。それでは相談者の自己洞察が進みません。できる限り相手が具体的に自分を語ってくれるような開かれた質問を心掛けてください。さらには「なぜですか?」という質問は余り適切ではありません。「How?」ならいいのですが、「Why?」には多少否定的なニュアンスが感じられて、相手はしかられているような気分を味わい答えにくくなるからです。

以上、基本的なかかわり技法について述べてみました。この段階でしっかりとした信頼関係を築いたうえで、次の積極技法に入りたいと思います。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
58位
(32,483成果物中)

成果物アクセス数
183,704

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年8月15日

関連する他の成果物

1.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?A −職場のストレスとメンタルヘルスを考える−
2.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?B −事例でみるメンタルヘルスへの対応−
3.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?C −セクシュアル・ハラスメントへの対応と研修マインド−
4.平成12年 将来あるべき人事管理を考えるための基礎調査
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から