日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?@ −カウンセリング・マインドの育て方−

 事業名 カウンセリング・マインド養成研修マニュアルの作成
 団体名 公務研修協議会 注目度注目度5


2] 積極技法について

積極技法とは、カウンセラーが相談者に影響力を与える為に用いる技法です。アレン・アイビイ(Ivery, A.E.)が創始したマイクロ・カウンセリングにおいては、積極技法には次の7種類あるとされています。

ア 指示技法

相手に対してどういう行動をとってもらいたいのかを、直接指示する方法をいいます。しかし、いつも遅刻をしている人に対して、「遅刻してはならない」というのは指示技法ではありません。もっと行動レベルにおろして、「夜10時には眠るように約束できますか」と、具体的な指示を与えるようにするということです。

イ 論理的帰結法

例えば相談者がAに進むべきか、Bに進むべきか、その選択に迷っている時、それぞれ、Aに進むとどうなるか、Bに進むとどうなるかを本人に予測させます。その上で、本人にそれら2つの予測結果を論理的に比較させ、どちらが望むべき結果なのかを冷静に選ばせるというものです。

ウ 解釈法

本人がとっている行動を客観的に見つめるとどう見えるのか、カウンセラーの角度からの見解を述べる方法です。解釈は一種の推論であり、ベテランの分析者でないと難しいとされています。

エ フィードバック法

心理学でいうところのフィードバックとは、「行動や反応をその結果を修正し、より適切なものにしていく仕組み」という意味があります。つまり上記の「解釈法」は、一種の推論でしたが、このフィードバック法はあくまでも事実の指摘ということになります。周囲の人は気付いているのに、本人が気付いていないこと、あるいは気付こうとしていない事柄を客観的な立場から伝えていくということです。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
58位
(32,483成果物中)

成果物アクセス数
183,704

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年8月15日

関連する他の成果物

1.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?A −職場のストレスとメンタルヘルスを考える−
2.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?B −事例でみるメンタルヘルスへの対応−
3.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?C −セクシュアル・ハラスメントへの対応と研修マインド−
4.平成12年 将来あるべき人事管理を考えるための基礎調査
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から