日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?@ −カウンセリング・マインドの育て方−

 事業名 カウンセリング・マインド養成研修マニュアルの作成
 団体名 公務研修協議会 注目度注目度5


055-1.gif

(図の解説)A理想の自己と現実の自己との重なりが少ない状態

B現実の自己を認識して、頑張ったり、あきらめたりして、重なりが大きくなった状態。

 

日本の心理学者、平木典子は、自著「カウンセリングの話・増補」のなかで、この自己一致について次のように説明しています。

「自己一致とは、理想と現実の自己が一致することではなくて、一致していないことをありのまま認めて、受け入れるということです。別の言い方をするならば、現実の自己の姿を理想に近づけようとする一方、現実の自己に理想の自己を引き戻すということです。つまり、あきらめ、妥協する時安定が得られることもあれば、頑張って努力したときに得られる安らぎもあります。その両方の作業をしている自分を知っていること、そしてそれをそのまま受け入れていること、それがまさに、一致であり、ジェニュインなのです。自分のやりたいと思ったことができることの中に感じられる充実感と同時に、自分に不可能なことをやらないと決断することで得られるさっぱりした気持ち、それは対人関係の中で特に重要になってくる」と述べています。

イ 無条件の受容(unconditional positive regard)

二つ目は、無条件の受容という言葉です。この言葉は後年、肯定的配慮という、より積極的要素の強い言葉に置き換わります。しかしいずれにしろ、一人の人間として、別な一人の人間にあからさまに好意を表して接することとあります。つまりこのあからさまにということは、その人を批判したり裁いたりせずに、その人のありのままの姿をそのまま無条件で受け入れるということです。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
58位
(32,483成果物中)

成果物アクセス数
183,704

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年8月15日

関連する他の成果物

1.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?A −職場のストレスとメンタルヘルスを考える−
2.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?B −事例でみるメンタルヘルスへの対応−
3.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?C −セクシュアル・ハラスメントへの対応と研修マインド−
4.平成12年 将来あるべき人事管理を考えるための基礎調査
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から