日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?@ −カウンセリング・マインドの育て方−

 事業名 カウンセリング・マインド養成研修マニュアルの作成
 団体名 公務研修協議会 注目度注目度5


したがって、まさに人は、人と接するその時の態度、姿勢が重要になってくると考えました。

ロジャーズは、「人間は受容され、理解される時に自己自身を大切にする方向で成長する。つまり共感的に聴いてもらう時、自己のうごめく体験に耳を傾ける事ができるようになる。そして個人が自己を理解し評価する時のみ、自己は経験と調和を持つようになり、それがより真実になる。これらは治療者の態度の反映であり、個人をしてより効果的に成長していく人間に変えることができるのである。」と述べています。そして、1957年、ロジャーズによって提案された、「相談者の望ましい人格変容のためのカウンセラーの条件」は今もカウンセリングの基本的態度条件として、理論的立場をこえて広く受け入れられています。「カウンセリングの目指す心理的成長という結果が生じるためには、傷つきやすく不安な状態にある相談者が、ある条件を備えたカウンセラーと心理的接触を持つ事が必要・十分な条件とされます。」としています。そして彼は、そのことを魔法の三つ組(magic triad)と呼ばれる次の態度3条件で表現しました。

ア 一致(congruence)あるいは純粋性(genuineness)

温かさに裏打ちされた純粋性、ありのままという意味です。ロジャーズは自著「対人関係:ガイダンスの核心」のなかで、一致というのは、みせかけや飾りや偽りから自由になっていることと述べています。つまり治療者が専門家としての仮面で接することなく、自己自身であるほど、来談者は建設的変化を示すというものです。これは治療者がその瞬間に内部でうごめいている感情や態度に開かれていることを意味します。「透明」という言葉がこの雰囲気を伝えているのではないでしょうか。つまり、治療者は来談者に対して自己を透明に示す。純粋な一人の人間として、もう一人の大切な人間にありのままに接するということです。

そしてもう一つ、ロジャーズは次のような図で自己一致について説明しています。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
58位
(32,483成果物中)

成果物アクセス数
183,704

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年8月15日

関連する他の成果物

1.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?A −職場のストレスとメンタルヘルスを考える−
2.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?B −事例でみるメンタルヘルスへの対応−
3.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?C −セクシュアル・ハラスメントへの対応と研修マインド−
4.平成12年 将来あるべき人事管理を考えるための基礎調査
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から