日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?@ −カウンセリング・マインドの育て方−

 事業名 カウンセリング・マインド養成研修マニュアルの作成
 団体名 公務研修協議会 注目度注目度5


そしてロジャーズはこの力をグロースフォースと名付けました。

以上のような人間信頼、人間尊重の人間観に根ざした上でロジャーズは、1951年に著した「来談者中心療法」のなかで、初めて「来談者中心」という理論を展開しました。つまりこれまでは、よりX理論に近いとされる精神分析学の人間観に基づき、「人間は本能の塊である」「本能とは、奔放でコントロールが難しい」「人間はほうっておいたら大変な間違いを犯すものである」と考えられてきました。したがって、「その本能をうまくコントロールして人間らしくなるよう教え導かなければならない」という立場から、カウンセラーが中心になった指示的傾向の強いカウンセリングが行われてきたとしました。

しかしロジャーズは、上記のような人間観に基づくことにより、「カウンセラーとは、人の心を診断したり、修理する人ではなく、人が温かい人間関係の中で問題を乗り越え、自己実現していくのを見守る人になった。」としました。これが「来談者中心療法」の幕開けであり、その後カウンセリングのみならず、医療、教育、産業、福祉、などあらゆる領域に応用されるようになりました。そして今では問題を持つ人に限らず、一般の人の日常生活、あるいは職場において、人間関係を上手く結ぶための大きな手掛かりとなっています。

世界中に数限りなくあるカウンセリング理論の中で、ロジャーズのこの考え方が今なお多くの人の心をとらえ、多くのカウンセラーや精神療法家のよりどころとなっているのは、何よりもそれが、人間の潜在能力に対する力強い信頼に根ざした人間観に基づいているからではないでしょうか。

2] ロジャーズの態度3条件について

ロジャーズは「治療的人格変化に必要にして十分な条件」という有名な論文の中で、カウンセリングとは本質的に人間関係であることを前提において、「人は人間関係のなかで傷ついたり成長したりする」「人を変えるのは人である」としました。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
58位
(32,483成果物中)

成果物アクセス数
183,704

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年8月15日

関連する他の成果物

1.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?A −職場のストレスとメンタルヘルスを考える−
2.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?B −事例でみるメンタルヘルスへの対応−
3.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?C −セクシュアル・ハラスメントへの対応と研修マインド−
4.平成12年 将来あるべき人事管理を考えるための基礎調査
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から