日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?@ −カウンセリング・マインドの育て方−

 事業名 カウンセリング・マインド養成研修マニュアルの作成
 団体名 公務研修協議会 注目度注目度5


またこれは、人と比較すべきものではなく、自分に与えられたものを十分に活かして生きようとする欲求であるとしました。つまり主体性を持ち、自分のありのままの姿を理解し、受け入れ、それをよしとして、その生き方を貫こうとする生き方を意味します。そしてマズローは、その「自己実現こそが人間の最高に価値ある欲求である」と位置づけました。

先程も述べましたロジャーズは、そのような人間観に根ざしたうえで、次のようなカウンセリング理論を展開しました。つまり「どの人も、自分の内面に自己実現の欲求がある。それらが何らかの障害でさえぎられ、阻止されたために相談にくるのだから、その阻止しているものをお互いの話し合いの中で打破できれば、相談者は自分の力で自己実現の方向へと向かっていく」というものです。それではここでロジャーズの人間観について、もう少し詳しく触れてみたいと思います。

エ ロジャーズの人間観

ロジャーズの研究者ハリー・ベレは、1980年に出版した“Basic Interest and Therapeuric Approach of Carl R. Rogers”のなかで、ロジャーズが生涯かけて大切にしたものが二つあると述べています。

その一つは、人間を理屈抜きに尊敬するということです。これはその人が社会通念に適合しているか否かとは別問題です。人間がその人なりのやり方で、人生を精一杯生きているということ自体を尊敬するというものです。

そしてもう一つは、どんな人にも成長力があるということです。ロジャーズは、人間はだれでも成長し立派に豊かになる資質をもっていて、毎日の生活はそこへ向かうものだと考えました。問題が出てくるのはその力が何等かの障害によって遮られたためで、だれかがそばにいて悩んでいるその人に心から耳を傾けて聴くことによって、その人は再び自分の力で前進していけるようになるとしました。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
58位
(32,483成果物中)

成果物アクセス数
183,704

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年8月15日

関連する他の成果物

1.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?A −職場のストレスとメンタルヘルスを考える−
2.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?B −事例でみるメンタルヘルスへの対応−
3.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?C −セクシュアル・ハラスメントへの対応と研修マインド−
4.平成12年 将来あるべき人事管理を考えるための基礎調査
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から