日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?@ −カウンセリング・マインドの育て方−

 事業名 カウンセリング・マインド養成研修マニュアルの作成
 団体名 公務研修協議会 注目度注目度5


恐らく以上のことを分かりやすく図にしてみると、次のようになるのではないでしょうか。

 

049-1.gif

 

それでは、上の図に沿って、話を進めていきたいと思います。

1] 人間観・哲学について

上の図からも明らかなように技法を学ぶ第一歩として、三角形の一番下に位置する人間観・哲学について考えてみたいと思います。

カウンセリングとは相談者の自立を援助するということは先に述べたとおりです。その基本として、人間をどういう存在として見るかが大変重要であり、それによって、その後の援助の方向も大きく違ってきます。例えば、人間は生まれながらにして善だと思っているか、それとも悪だと思っているかということもその一つです。日本にも性善説と性悪説とがあるように、アメリカにおいても、これと似たような考え方があります。

ア X理論とY理論

アメリカの心理学者であるMIT教授、さらには経営コンサルタントであったマグレガー(McGreger, D.)は、自著「企業の人間的側面」のなかで、労働場面において二つの人間観が働いていることに注目し、X理論とY理論という考え方を発表しました。

X理論というのは、「人間怠け者論」に立つ考え方で、

・人間は本来、仕事を嫌う傾向にある

・人間は、強制され、命令されないと力を発揮しない

・人間は、責任を回避する傾向にあり、野心を持たず、安定を望む

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
58位
(32,483成果物中)

成果物アクセス数
183,704

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年8月15日

関連する他の成果物

1.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?A −職場のストレスとメンタルヘルスを考える−
2.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?B −事例でみるメンタルヘルスへの対応−
3.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?C −セクシュアル・ハラスメントへの対応と研修マインド−
4.平成12年 将来あるべき人事管理を考えるための基礎調査
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から