日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?@ −カウンセリング・マインドの育て方−

 事業名 カウンセリング・マインド養成研修マニュアルの作成
 団体名 公務研修協議会 注目度注目度5


それではなぜ人はこうも「聴く」ことが難しいのでしょう。人間の特性に照らし合わせて考えてみたいと思います。

ア 人間は自分の準拠枠に沿って、人を評価したり、裁いたりしがちである。(価値観が、常に他人より自分に置かれている)

イ 人は無意識のうちに選択的に話を聞いている。(自己防意識がはたらく)

ウ 人は自分の体験に照らして、人の話を聴く傾向にある。自分の体験がなければ理解できないし、あればどうしても自分の方に引っ張っていきがちである。

エ 自分の意見を発言したくなり、その準備をしながら話を聞く。

オ 自分の心理状態、精神的余裕に左右されやすい。

カ 人は社会的な立場、自分の占める役割上、なかなか人と対等・水平な関係が作れない。

キ 時代そのものがマルチ傾向にあり、よほどの努力と忍耐を要しなければ、他人の話を聞くことだけに集中できない。

 

(2) 上手な聴き手となるための心得

この章では、上手な聴き手となるための具体的な技法について、述べてみたいと思います。そもそも技法とはどういうことでしょうか。

ロジャーズは、「技法とは、カウンセラーの基本的態度を相談者に伝達するチャネルである」と定義しました。また自著の巻頭に−The way to do is to be.−と自筆で記したのは有名な話です。この言葉は日本において、「その人の方法は、その人の人柄の表現である」(国分康孝)、あるいは、「援助関係とは、『いかにするか』ではなく『いかにあるか』である」(伊藤博)と訳されています。またロジャーズは、この考えを老子の「無為自然」の思想からヒントを得たとも言われています。つまり極端な言い方をすると、技法とはそれ自体が独立して存在するのではなく、その人の人間性全てが技法であるということです。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
58位
(32,483成果物中)

成果物アクセス数
183,704

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年8月15日

関連する他の成果物

1.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?A −職場のストレスとメンタルヘルスを考える−
2.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?B −事例でみるメンタルヘルスへの対応−
3.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?C −セクシュアル・ハラスメントへの対応と研修マインド−
4.平成12年 将来あるべき人事管理を考えるための基礎調査
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から