日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?@ −カウンセリング・マインドの育て方−

 事業名 カウンセリング・マインド養成研修マニュアルの作成
 団体名 公務研修協議会 注目度注目度5


というものです。こうした人間観を持つ人は、部下や他人への対応が監視的・命令的になるのを免れません。

一方、Y理論とは、「人間信頼論」です。

・人間が仕事で心身を使うのは人間性に基づいている

・人間は、自分で決定した目標達成のためには、進んで努力する

・人間は、条件次第では自ら責任をとろうとする

・大抵の人間は、仕事の問題解決のために高度の想像力を発揮したり、創意工夫する能力をもっている

というものです。「人間は本性的に遊びに熱中するのと同じように仕事に熱中するものである。したがってその意欲が自然に発揮できるような状況に人間を置くことが大切である」と述べました。マグレガーは、以上のような見地から、これまでの従業員に対する経営者の伝統的な先入観をX理論とし、これからの近代的人事管理はY理論に基づくべきであるとする新しい人間観を提示しました。

イ D心理学とB心理学

上記マグレガーの師であり、ヒューマニスティック・サイコロジーの旗手と言われるアメリカの心理学者マズロー(Maslow, A.H.)は、より人間性を重視した理論を打ち立てました。彼は「人間は生まれながらにして、より成長しよう、自分の持てるものを最高に発揮しようという動機づけを持つ存在である」としました。彼の理論によれば、心理学には二種類の心理学があり、一つはDeficiencv「欠乏」の心理学であり、もう一つは、Being「人間存在」の心理学であるとしました。

つまりこれまでのD心理学においては、「人間の足りないところや欠けたところに焦点を当てて、人間に何が不足するとどんな障害が起きるか」ということの研究がなされてきました。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
58位
(32,483成果物中)

成果物アクセス数
183,704

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年8月15日

関連する他の成果物

1.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?A −職場のストレスとメンタルヘルスを考える−
2.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?B −事例でみるメンタルヘルスへの対応−
3.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?C −セクシュアル・ハラスメントへの対応と研修マインド−
4.平成12年 将来あるべき人事管理を考えるための基礎調査
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から