日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?@ −カウンセリング・マインドの育て方−

 事業名 カウンセリング・マインド養成研修マニュアルの作成
 団体名 公務研修協議会 注目度注目度5


きちんと目標を設定して、共に確認をしながら、目標を達成しようとする心構えがあれば、その過程で相手が自分自身の抱えている本当の問題に気が付くことができます。自分で気付くことが、問題解決への早道になります。

 

031-1.gif

 

カウンセリング・マインドの最終目標は、問題解決の援助をすることです。どうしたら人の行動が変るのか考えるということは、相手の立場になってみてどのように援助するのがいいのかを考えることです。「君がいつまでたっても、そういう態度ならば、僕が困るのだよ。」「あなたがそうだと、お母さんは恥ずかしいわ。」というふうに説得しようとする人がいます。これでは本当は相手のためではなく、自分の保身のために行動を変えようとしていることになります。相手も反発を感じて、意地でも行動を変えようとしなくなるかもしれません。

相手の立場を尊重して、相手のために援助をするという心構えをもって人と接すれば、相手も安心して「この人は自分のことをこんなに大切に考えてくれるのだから、本気で自分の行動を変えてみたい」という気になるはずです。

ただし過度に「あなたのために」を押し付けることは、「援助の押売」になりかねませんので、注意が必要です。

 

(3) カウンセリング・マインドで重要なポイント

この3つの心構えをもって、リレーションを築いていれば、1対1での面談においても、日常の生活の中でもカウンセリング・マインドはどこででも活かすことができます。さらに実際のカウンセリング・マインドを展開していくうえでの重要なポイントを挙げるとすれば、次の8つにまとめることができます。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
58位
(32,483成果物中)

成果物アクセス数
183,704

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年8月15日

関連する他の成果物

1.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?A −職場のストレスとメンタルヘルスを考える−
2.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?B −事例でみるメンタルヘルスへの対応−
3.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?C −セクシュアル・ハラスメントへの対応と研修マインド−
4.平成12年 将来あるべき人事管理を考えるための基礎調査
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から