日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?@ −カウンセリング・マインドの育て方−

 事業名 カウンセリング・マインド養成研修マニュアルの作成
 団体名 公務研修協議会 注目度注目度5


一方では、コンピュータにのめり込みすぎてしまうような人も出てきています。人対人の直接のコミュニケーションが苦手で、業務連絡も部下指導もすべてネットワーク上で済ませようとするような人です。それによって、人間関係作りにそごをきたすなど新たなコミュニケーションの問題も出てきています。

また、IT化の流れが働く人に及ぼした影響はそれだけではありません。仕事のスピードという点でも大きな変革をもたらしました。情報通信の世界は、1年が7年に相当するドッグイヤーなどと言われるほど、急速な変化を遂げています。情報ツールを仕事に取り入れる場合も、次から次へと新しいツールが生まれてきて、日々新しいハイテク用語が生まれてくるため、ついていくだけでも大変です。このような急速な流れの中でとまどいを隠せない人もたくさんいます。

こうした急速な環境変化は、働く人に大きなストレスを与えるようになっています。ストレスフルな状況下で、体調を壊したり、心理的に不調になったりする人も出てきています。また、人員削減の結果、一人一人の労働密度が高まり、過労に悩む人も増えています。

このように職場環境自体が非常にストレスフルになってきていますので、心理ケアの面からもカウンセリング・マインドが求められてきているのです。

 

(6) 職場でのストレス対策も求められている

ストレスフルな職場環境、経済環境が労働者に与えている影響は、各種調査でも明らかになっています。労働省の労働者健康状況調査によれば、平成4年には、仕事や職業生活で強い不安、悩み、ストレスを感じているという労働者が約57%であったのに対し、平成9年の調査では、それが約63%に達しています。

また、警察庁が発表する自殺者数でも、平成10年、11年と2年連続で、年間自殺者が3万人を超えています。この自殺者急増の主な要因は、経済上の問題であるということも発表されています。不況下であり、しかもリストラの常態化など労働環境が構造的に変化している中で、経済的な不安や問題を抱える人も増えているということでしょう。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
58位
(32,483成果物中)

成果物アクセス数
183,704

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年8月15日

関連する他の成果物

1.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?A −職場のストレスとメンタルヘルスを考える−
2.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?B −事例でみるメンタルヘルスへの対応−
3.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?C −セクシュアル・ハラスメントへの対応と研修マインド−
4.平成12年 将来あるべき人事管理を考えるための基礎調査
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から